医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

≪シリーズ生命倫理学11≫

遺伝子と医療【電子版】

シリーズ生命倫理学編集委員会 (編)

出版社
丸善出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/08/12
ページ数
246ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥6,380 (本体¥5,800+税10%)

印刷版ISBN
978-4-621-08488-5
印刷版発行年月
2013/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
6 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

遺伝学と遺伝子技術がもたらす倫理問題は、生命倫理学にとって重要なテーマとなっています。 研究が本格化し、心筋梗塞や糖尿病、高血圧症など誰もがかかるかもしれないありふれた病気に目が向けられるようになったことで今やすべての人が遺伝医療と向き合わざるを得なくなりました。遺伝病は自分には関係ないと思っていた人も含めて、遺伝医療の恩恵とリスクが身近なものになる時代がやってきています。

目次

第1章 遺伝医療と社会―パーソナルゲノムがもたらす新たな課題
第2章 分子生物医科学時代の人間像
第3章 遺伝と環境
第4章 遺伝医療・遺伝相談
第5章 遺伝子治療
第6章 遺伝子操作
第7章 優生学
第8章 遺伝子差別
第9章 オーダーメイド医療とファーマコゲノミクス
第10章 バイオバンク
第11章 DNA鑑定・遺伝子ビジネス―消費者に直接販売される遺伝学的検査の諸問題