医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

科学者の発表倫理【電子版】

不正のない論文発表を考える

山崎 茂明 (著)

出版社
丸善出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/10/07
ページ数
160ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,860 (本体¥2,600+税10%)

印刷版ISBN
978-4-621-08654-4
印刷版発行年月
2013/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
12 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

科学論文の書き方についてのガイドブックは、数多く刊行されていますが、発表倫理に焦点をあてたガイドは、ほとんど刊行されていません。 本書は、公正な論文発表を目指す人々のための執筆ガイドとして、論文発表における不正行為(ミスコンダクト)の実態と影響を可視化して、ミスコンダクトは当事者の問題、研究者間の問題にとどまらないことを、具体例をあげながら解説してゆきます。

目次

第1部 情報爆発への警告
1. 不正行為から発表倫理へ
2. 生物医学雑誌への統一投稿規程の誕生
3. 必要な重複発表
第2部 論文の真の執筆者は誰か
4. イグ・ノーベル賞にみるオーサーシップ
5. ゴースト・オーサーシップの実態
6. コレスポンディング・オーサーの役割
7. オーサーシップのグローバル化
第3部 公正さを欠く論文評価
8. レフェリー・システムの限界
9. ネガティブな研究結果は好まれない
第4部 扱い基準のない撤回論文
10. 撤回声明から懸念表明へ
11. 日本論文検索サイト医中誌Webから見た撤回
12. 米国の論文検索サイトPubMedから見た日本の撤回
第5部 生き残るために
13. 利益相反(COI)と産学連携
14. インパクトファクターから読む学術雑誌出版
15. 研究公正局(ORI)の役割
索引