医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

標準下肢静脈エコー【電子版】

松尾 汎 (編著)

出版社
日本医事新報社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2020/08/24
ページ数
280ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,370 (本体¥6,700+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7849-4916-8
印刷版発行年月
2020/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
180 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

各種ガイドラインの策定,新しい薬剤や治療法の開発など,近年大きな進展がみられる静脈血栓塞栓症・下肢静脈瘤の診療。本書は両疾患の診断で第一選択となるエコー検査をプロが徹底解説します。
エコー診断の意義,下肢静脈の解剖・生理,実際の検査手技,各メーカーの機器解説など,実践的な情報が満載。演習問題で自分の理解度も確認できます。
日本超音波医学会,日本脈管学会,日本静脈学会 編『超音波による深部静脈血栓症・下肢静脈瘤の標準的評価法』(2018年)に準拠。

目次

1章:深部静脈血栓症・下肢静脈瘤の診療とエコー診断
 01.「超音波による深部静脈血栓症・下肢静脈瘤の標準的評価法」の意義
 02.深部静脈血栓症診療の現況
 03.下肢静脈瘤診療の現況
 04.エコーによる深部静脈血栓症診断の意義
 05.エコーによる下肢静脈瘤診断の意義
2章:下肢静脈の解剖と生理
 01.下肢静脈の解剖と生理
3章:エコーによる検査手技
 01.静脈疾患に適応した超音波診断装置の準備
 02.深部静脈血栓症検査の実際
 03.下肢静脈瘤検査の実際
 04.深部静脈血栓症の評価・診断について
 05.下肢静脈瘤の評価・診断について
4章:演習問題
5章:資料(機器紹介)
 01.GEヘルスケア・ジャパン株式会社 ─ LOGIQ E10
 02.キヤノンメディカルシステムズ株式会社 ─ Aplio i-series
 03.九州メディカルサービス株式会社 ─ APG-1000
 04.コニカミノルタ株式会社 ─ SONIMAGE MX1
 05.シーメンスヘルスケア株式会社 ─ ACUSON Sequoia,ACUSON Juniper,ACUSON Freestyle
 06.株式会社日立製作所 ─ LISENDO 880LE,SML44
 07.株式会社フィリップス・ジャパン ─ EPIQ/Affiniti
 08.フクダ電子株式会社 ─ UF-760AG+(PaoLus+)
 09.富士フイルムメディカル株式会社 ─ SonoSite iViz
Column
 01.凝固異常の最新情報
 02.DVTの治療は?
 03.静脈瘤治療の現状
 04.その他のDVT画像診断
 05.識っておきたいPE合併
 06.CAT(がん関連血栓症)とは?
 07.DVTで脳梗塞?
 08.血栓後症候群(PTS)を識る