医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

もっとよくわかる!食と栄養のサイエンス【電子版】

食行動を司る生体恒常性維持システム

佐々木 努 (編)

出版社
羊土社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/03/19
ページ数
215ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,950 (本体¥4,500+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7581-2209-2
印刷版発行年月
2021/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
22 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

ヒトはなぜ食べるのか?鍵は食行動の分子・神経基盤にあり!健康を維持するため,食物の情報を捉え処理するメカニズムを詳説.生活習慣病や摂食障害の改善をめざす医学,健康科学,栄養学,食品科学の研究者,必読!

目次

第1部 イントロダクション
第1章 食と栄養のサイエンスとは 意義,特徴,およびハードル
第2章 全体像を理解するための基礎知識
第3章 食にかかわる感覚の種差

第2部 末梢から中枢への情報伝達
第4章 食と味覚 食行動における役割
第5章 食と嗅覚 食べ物の匂いの検知から食行動まで
第6章 食における五感の相互作用 視覚を中心に
第7章 内臓感覚神経による摂食調節 求心性迷走神経を中心に
第8章 栄養・代謝シグナルと血液脳関門

第3部 脳内での情報処理と行動の測定法
第9章 恒常的摂食調節の脳内回路
第10章 食のもたらす快情動の神経メカニズム 報酬系の脳内回路
第11章 経験学習と予測による食行動の調節
第12章 食行動の測定法

第4部 食と栄養のサイエンスの社会的適用と今後の展望
第13章 肥満と食行動
第14章 摂食障害と食行動
第15章 ストレスによる食行動の変容メカニズム
第16章 食によるヘルスケアを実現するには