医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

各種がん・免疫疾患に科学的根拠が続々登場

抗がんエビデンスを得た生薬フアイア【電子版】

新見/正則 (著)

新見正則医院院長

出版社
新興医学出版社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/06/28
ページ数
144ページ
 判型
四六判
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,200 (本体¥2,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-88002-887-3
印刷版発行年月
2021/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
28 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

2018年、英国の学術専門誌Gutに一本の論文が掲載。それは、肝臓がん手術後の患者を対象に生薬フアイアを投与した結果、投与しない群と比較して生存率と無再発率で有意差があったという内容。中国では抗がん新薬として使用される一方、免疫亢進による症状にも投与されるフアイア。この生薬由来成分を、2013年イグノーベル賞受賞医師である新見正則が各種エビデンスを元に分析。本邦医学界に一石を投じる渾身の一冊

目次

第1章 免疫と病気   
     免疫の低下、亢進、混沌について    
     免疫システムの異常に対するこれまでの医療   
     免疫システムがよくわかる~臓器移植の例~   

第2章 フアイアとは   
     フアイアとの出合い    
     フアイアとは    
     天然フアイアを求めて安国へ   
     フアイアの免疫システムへの働き    
     フアイアの免疫低下への働き 学術専門誌 Gutへの掲載   
     フアイアの免疫亢進への作用   
     フアイアの免疫混沌への作用   
     中庸に保つ作用は、あくまでも「期待できる」レベル    
     フアイアの安全性について   

第3章 フアイア有効成分の発見〜糖鎖とは〜    
     フアイアの主要成分 TPG-1の発見    
     糖鎖とは    
     糖鎖を構成する単糖類   

第4章 エビデンスレベルとは    

第5章 フアイアの臨床での使用法    
     フアイアの副作用    
     フアイアQ&A    

第6章 各疾患に対するフアイアの効果    
     疾患への働き一覧 フアイアが免疫疾患に及ぼす作用    
     各疾患へのエビデンス   
      肝臓がん
     肝臓がん以外のがんに対するエビデンス    
      乳がん
      胃がん・大腸がん
      肺がん
      その他のがん
     腎臓病に対するエビデンス    
     喘息に対するエビデンス    
     乾癬に対するエビデンス    

第7章 コンパニオン・アニマルへのフアイア療法の可能性    

あとがき    

付  録    
     エビデンス&重要論文一覧   
     参考文献