医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

炎症性腸疾患関連腸癌アトラス【電子版】

小腸から大腸まで、肉眼像から迫る

松井 敏幸 岩下 明徳 (監修)

出版社
シービーアール
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/06/28
ページ数
128ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥8,800 (本体¥8,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-908083-64-8
印刷版発行年月
2021/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
90 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

本アトラスの第一部には総論が記載されており、炎症性腸疾患関連癌の現状と展望、診断、特徴、病理所見の概要が最新の結果を含めてわかりやすく解説されており、加えてその疾患の経過を遡って検討した臨床上、重要な資料も掲載されている。本アトラスの大きな特徴は第二部、第三部に多くの症例が掲載されているだけなく、個々の症例で内視鏡または消化管造影検査所見、切除標本の肉眼像、切除標本の全割による広範な領域での検討が揃って鮮明な画像で示されていることである。特に内視鏡所見は同一病変に対する種々の内視鏡検査所見が示され、切除標本の病理所見は切除標本の病変のmappingとともに免疫染色を含めた詳細な記載がされている。このことによって主病変の詳細な実態を十分知るとともに、炎症性腸疾患関連癌で重要な周囲病変を含めた病変全体の把握が可能となり、本症の診断や治療方針の決定に重要な情報が得られる。
多くの読者の皆さんが本アトラスを参考にして炎症性腸疾患関連癌症例の的確な診断と適正な治療を行うことにより予後が改善されることを期待する。

目次

第一部 炎症性腸疾患(IBD)関連癌―総論
 1.炎症性腸疾患関連癌の現状と展望
 2.炎症性腸疾患における腫瘍性病変の内視鏡診断
 3.クローン病関連下部消化管癌
 4.炎症性腸疾患関連癌の臨床病理学的特徴と病理診断
 5.炎症性腸疾患関連癌の進展・経過
第二部 症例アトラス―潰瘍性大腸炎(UC)
 早期癌 9症例
 進行癌 12症例
第三部 症例アトラス―クローン病(CD) 20症例