医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

医療の価値と価格【電子版】

決定と説明の時代へ

田倉 智之 (著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-64352-8
電子版発売日
2021/07/19
ページ数
276ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,850 (本体¥3,500+税10%)

印刷版ISBN
978-4-260-04352-6
印刷版発行年月
2021/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
16 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

医療制度を支える経済情勢が厳しさを増している現在、医療の「価値」や「価格」を正面から論じる必要がある。本書では、価値や価格を論じるのに必要な基礎知識を体系的に整理している。医療経済学をベースに医療の価値と価格を見える化し、価値に見合った社会的な負担を関係者に説明すること、そして、価値に関する議論や関係者の理解が進むことにより、わが国の医療の発展につながることを目指す。

目次

はじめに

序章 なぜ医療経済学を学ぶのか――医療の価値と価格の説明が求められる時代
  1 医療/介護を取り巻く経済動向
  2 解決策を模索する政策の流れ――現状と論点の把握
  3 なぜ価値と価格に着目するのか
  4 期待される(目指すべき)イメージは
  5 提供する価値の評価と説明力の向上を目指して

第1章 医療を取り巻く社会経済の動向
 A 医療にまつわる経済的な仕組み
  1 経済基調をながめる
  2 医療分野の資源配分(医療費用)
  3 医療分野における財政負担構造
  4 医療分野と経済活動のバランス
  5 公的医療市場のモラルハザード
 B 医療分野の経済成長への貢献
  1 産業とは何か
  2 医療産業の概要と特徴
  3 成長戦略における医療産業の考え方
  4 金融工学などの理論による市場価値の予測方法
  5 再生医療分野が有する産業的な価値予測の事例
 C 価値の共有が望まれる時代の到来
  1 価格水準のあり方について検討が望まれる病院経営の領域
  2 価格水準のあり方について検討が望まれる創薬事業の領域
  3 社会の変遷から負担と受益のあり方について検討が不可欠

第2章 健康・生命の価値の考え方と表現
 A 人間の行動を決める価値とは何か
  1 価値について改めて考えてみる
  2 価値の学際的な発展の歴史
  3 使用価値と交換価値
  4 使用価値――医療分野に応用するための整理
  5 交換価値――医療分野に応用するための整理
  6 医療分野において価値哲学を考えるための整理
  7 価値に関する理論の医療分野への応用
 B 医療の価値を説明する考え方とは
  1 効用の概念
  2 主観価値説の概要
  3 限界効用理論の要点
  4 価値に対する健康分野の特性
  5 健康分野のアウトカム指標(健康関連QOL)――成果の考え方
  6 医療分野における効用測定の要点
 C 医療における経済価値の主な論点
  1 費用対効果(パフォーマンス)による価値の検討
  2 医療技術の費用対効果分析の概要
  3 認知にかかわるバイアスの取り扱い(フレーミング効果)
  4 人間や組織の非合理性の取り扱い(行動経済学)
  5 医療分野における価値のとらえ方とその表現(まとめ)

第3章 医療市場の価格水準の成り立ち
 A なぜ価格が必要なのか
  1 価格の起源と役割を改めて考えてみる
  2 価格はどのように成立するのかを考える
  3 価格が変化をする理由について考える
  4 総余剰と価格弾力性について
  5 厚生経済学の概要について
  6 ゲーム理論の概要について
  7 価値と価格の関係を市場から整理する
 B 価格の算出アプローチ
  1 医療分野の価格検討の特徴と条件
  2 医療費用(資源消費)の算定方法
  3 コストによる価格設定の論点
  4 診療成果(アウトカム)の算定方法
  5 医療分野の品質と価格の関係整理
  6 提供される診療に対する支払意思額
  7 診療分野の技術難易度の算出方法
  8 診療パフォーマンスの算出方法
 C 医療における価格形成
  1 準公的な医療市場の背景と特性
  2 わが国の診療報酬制度のルーツ
  3 医療保険制度の基本的フレーム
  4 医療保険制度における価格設定
  5 医薬品や医療機器の価格設定の概要

第4章 医療分野の価値と価格のケース
 A 疾病予防の価値評価
  1 疾病予防の価値評価の基本的な概念の整理
  2 循環器疾患領域の疾病予防の価値評価のケース
  3 糖尿病領域の疾病予防の価値評価のケース
  4 介護予防的な介入の価値評価のケース
 B 治療介入の価値評価
  1 薬物療法系の価値評価にかかわるケース
  2 治療機器系の価値評価にかかわるケース
  3 希少疾患に対する医療革新などの価値評価にかかわるケース
 C 医療システム関連の価値評価の例
  1 検査・診断分野の価値評価の事例
  2 アドヒアランスを明らかにし向上させる価値評価の事例
  3 パレート最適(フロンティア曲線)による 価値検討の事例
  4 行動経済学を応用した予防医療の価値検討の事例

第5章 医療の価値の議論と価格のあるべき姿
 A わが国の医療・介護システムの存在意義
  1 医療・介護システムの価値評価の考え方
  2 医療・介護システムのマクロの価値評価
  3 医療・介護システムのミクロの価値評価
  4 医療・介護の成果を未来志向で考える
 B 医療・介護分野の価値と価格にかかわる課題
  1 効用を軸とした価値や価格の議論の系譜
  2 現代経済学を背景とした価値と価格の課題と潮流――厚生経済の進展に向けた効用の個人間比較の可能性
  3 社会医学を背景とした価値と価格の課題と潮流――医療・介護における価値の解釈方法
 C 医療・介護分野の価格形成のあり方
  1 医療・介護システムのパフォーマンス評価のあり方
  2 医療・介護市場における財政と配分のあり方
  3 医療・介護市場における価値と価格を論じる意義
  4 健康関連の合理的な意思決定と交渉戦略の重要性

終章 医療に対する価値観を共有し価格水準を考えることの重要性
  1 医療分野で価値や価格を論じる意義
  2 医療分野の価値や価格のアプローチ
  3 医療分野の価値や価格を論じる限界
  4 本書のメッセージと将来への抱負

あとがき
索引