医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

高齢者のその人らしさを捉える作業療法【電子版】

大切な作業の実現

籔脇 健司 (編)

出版社
文光堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/09/20
ページ数
256ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,150 (本体¥6,500+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8306-4519-8
印刷版発行年月
2015/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
46 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

高齢者の「その人らしさ」を捉えて支援するために必要な概念や方法を,わかりやすく解説した一冊.その人らしい作業の捉え方と大切な「作業」を実現するための方法を概説し,本書を読んで実際に「真似」ができるよう,重要な観点を情報収集編と実践編に分けて詳しく解説.特に,理論と実践が乖離する要因となりやすい情報収集方法に関しては,会話や観察などから対象者を捉えられる非構成的評価について多くの紙面を割いた.

目次

I.総 論
1.その人らしい作業の捉えかた
2.大切な作業を実現するための方法
II.情報収集編
1.その人の役割・生きがいを知る
 コラム 「作業療法ができる」環境をつくる─回復期リハビリテーション病棟の現場から─
2.その人の生活習慣を知る
3.その人の興味・関心を知る
  コラム  私が苦労したこと─SIG運営の現場から─
4.その人の価値観を知る
5.その人の「できる」と思う気持ちを知る
6.その人を取り巻く環境を知る
6.その人の生活のバランスを知る
7.その人の生きてきたストーリーを知る
 コラム 私が努めたこと─終末期リハビリテーションの現場から─
III.実践編
1.生活習慣とバランスへのアプローチ
2.役割や生きがいへのアプローチ
 コラム 私が着目したこと─訪問リハビリテーションの現場から─
3.興味・関心と価値観へのアプローチ
4.「できる」と思う気持ちへのアプローチ
5.取り巻く環境へのアプローチ
 コラム  意味ある作業を見つけて,取り組むことの重要性─介護老人保健施設の現場から─
6.生きてきたストーリーへのアプローチ
7.その人らしい施設生活へのアプローチ
 コラム 私が作業療法をするために工夫したこと─介護老人福祉施設の現場から─
8.その人らしい在宅生活へのアプローチ
索 引