医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

認知症 症例から学ぶ治療戦略【電子版】

BPSDへの対応を中心に

木村 武実 (著)

国立病院機構菊池病院院長

出版社
フジメディカル出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/11/22
ページ数
135ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,850 (本体¥3,500+税10%)

印刷版ISBN
978-4-86270-161-9
印刷版発行年月
2017/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
28 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

●認知症の介護を困難にする問題行動とされてきた「BPSD(認知症の行動・心理症状)」の本質を理解し、適切に対応するための工夫が、61の症例とともに紹介されています。
●BPSDには必ず背景となる要因があり、そこに寄り添ってこそ治療・対応が可能になります。
●認知症医療・介護に携わるすべての方々にお届けしたい1冊です。

目次

第Ⅰ章 認知症総論
 1.脳の構造と働き
 2.わが国の認知症患者数
 3.認知症の症状
 4.治る認知症 <症例と解説 1~6>
 5.認知症=アルツハイマー型認知症?
   1)アルツハイマー型認知症(AD)とは
   2)脳血管性認知症(VD)とは
   3)レビー小体型認知症(DLB)とは <症例と解説 7>
   4)前頭側頭葉変性症(FTLD)とは <症例と解説 8>

第Ⅱ章 BPSDの実態
 1.BPSDの見極め <症例と解説 1~4>
 2.BPSDの頻度と症状
 3.BPSDの原因
   1)薬剤性BPSD <症例と解説 5~13>
      高齢者では回避することが望ましい薬剤(1)
      高齢者では回避することが望ましい薬剤(2)
      高齢者では回避することが望ましい薬剤(3)
      高齢者の病態により回避すべき薬剤
      高齢者の安全な薬物療法ガイドライン
      抗コリン・リスクスケール
   2)身体的要因によるBPSD <症例と解説 14~19>
   3)介護・環境要因によるBPSD <症例と解説 20~26>

第Ⅲ章 BPSDの治療
 1.BPSDの生物学的原因の早期発見と対応
 2.BPSDに対する心理社会的なアプローチ
   1)認知症ケアの原則
   2)認知症ケアの歴史
      理にかなったケア
      パーソン・センタード・ケア
   3)前頭側頭葉変性症、レビー小体型認知症に対するケア
      前頭側頭葉変性症
      レビー小体型認知症
   4)個々に対応するナラティブケア
   5)認知症ケアのまとめ
 3.BPSDの生物学的治療
   1)抗精神病薬、ドネペジル、抑肝散の限界
   2)後期高齢者に優しい生物学的治療
      セロトニンの生理的活性化 <症例と解説 1~2>
      ラベンダーによるアロマセラピー <症例と解説 3~4>
      フェルラ酸・ガーデンアンゼリカ抽出物 <症例と解説 5~8>
      タンドスピロン<症例と解説 9~10>
   3)BPSDに対する抗精神病薬治療 <症例と解説 11~12>
   4)第二世代アルツハイマー型認知症治療薬のBPSDに対する可能性
      ガランタミン <症例と解説 13~15>
      メマンチン <症例と解説 16~18>
      リバスチグミン貼付剤 <症例と解説 19~22>
   5)認知症高齢者のうつ状態、アパシーに対する薬物療法
      うつ状態 <症例と解説 23~24>
      アパシー <症例と解説 25~27>
 4.BPSD治療戦略のまとめ

第Ⅳ章 BPSDの治療連携