医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

≪Nursing Today ブックレット2≫

無痛分娩と日本人【電子版】

田辺 けい子 (著)

出版社
日本看護協会出版会
電子版ISBN
978-4-8180-2435-9
電子版発売日
2021/12/06
ページ数
64ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥825 (本体¥750+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8180-2212-6
印刷版発行年月
2019/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
10 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

日本においても増加傾向にある無痛分娩。一方で、「出産に伴う痛み」を回避することへの忌避、「自然」な出産をよしとする価値観は根強く存在します。無痛分娩に向けられるまなざしは、出産の痛みや女性、女性の身体に対する日本人の考え方や文化を映し出しているともいえます。本書では、著者の研究成果をもとに、さまざまな立場の当事者の言説も織り交ぜつつ、無痛分娩の現場を丁寧に描き出すことで、それらを読み解くとともに、これからの医療やケア、家族のあり方などを考察します。医療がご専門でない方にもおすすめです。

目次

日本における無痛分娩の歴史と現状
さまざまな立場にある当事者の言説
無痛分娩――助産師はいかにかかわるべきか

【コラム】
医学と宗教の抵抗――人の「痛みから解放されたい」欲求の勝利
無痛分娩における産婦の新たな主体性の立ち上がり――助産師の価値観とのズレ
無痛分娩看護マニュアル―無痛分娩における助産は看護に包含されうるのか
パルトグラムの活用――「無痛分娩の多職種連携」をかたちにしてみませんか