医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

奏であういのち【電子版】

脳性まひとALSの人たちをめぐる物語

樋髙 知子 (著)

出版社
青海社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/09/12
ページ数
304ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,980 (本体¥1,800+税10%)

印刷版ISBN
978-4-902249-71-2
印刷版発行年月
2014/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
42 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

「身体が不自由でも、こころまで不自由ではない」懸命に生きる障がい者と、運命的に出会う支援者。障がい者の、これをしたい、あれをしたいという思いは強ければ強いほど、必ず成就に近づいていく。障がいにより地域で暮らすことが困難な6名の人間がサポーターと苦楽をともにしながら、家族や施設に頼らず、自分らしい生き方を求めて地域生活に挑戦し続ける物語。
(1)藤亜里佳:叔母の加藤奈津美、そして亜里佳に筆談を可能にした宮崎由紀子の愛情あふれる関係
(2)金善栄:善栄を含め5人の子どもを育てた母・文子、彼女の自立を手伝ってきたポチ(愛称)との関係
(3)實方裕二:實方の介助を始めてから25年間、よき理解者であり、友人である森薗卓朗との関係
(4)福永年久:水谷安良が学生時代に始めたボランティア介助をきっかけに、現在まで続くつき合い
(5)木村浩子:文通をきっかけに50年以上にわたり、支援し続ける親友・松田直代との関係
(6)甲谷匡賛:親友の由良部正美(舞踏家)と志賀玲子(舞台プロデューサー)が立ち上げた福祉と医療と芸術を結ぶプロジェクト

目次

プロローグ
第一章 支援者との深い信頼関係の構築で実現した、自立生活-藤亜里佳と加藤奈津美と宮崎由紀子
第二章 母との二人三脚と、親友・ポチとの出会い-金善栄と金文子とポチ
第三章 良き理解者に恵まれた、“言葉で作る料理人”-實方裕二と森薗卓朗
第四章 形を変えつつも取り組み続ける、障がい者自立運動-福永年久と水谷安良
第五章 強い絆で結ばれた、「でこぼこコンビ」-木村浩子と松田直代
第六章 ALSを踊る甲谷のかたわらで、芸術と医療と福祉をつなぐ友人たち-甲谷匡賛と由良部正美と志賀玲子
おわりに

エピローグ

主要参考文献・資料