医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

CRCのための臨床試験スキルアップノート【電子版】

中野 重行 (他編)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-60859-6
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
248ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,104 (本体¥3,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-00859-4
印刷版発行年月
2010/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※パソコン対応(WEBブラウザによるアクセス参照)は2017年7月上旬予定
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
40 MB以上
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

CRCをはじめとする創薬育薬スタッフ向けに、治験チーム内の連携・調整やチーム間トラブルへの対処、より良いインフォームドコンセントの行い方、被験者保護への貢献、IRBのあり方、資料の作り方など日常の臨床試験(治験)の業務上でつまずきやすい問題に対する回答やヒントを満載した1冊。治験チーム内での自身のあり方の再確認、ならびに知識、技能、態度の修得に最適。

目次

 オーバービュー
A 総論-CRCの役割と業務の現状
 1.CRCの役割とスキルの向上
 2.治験依頼者との接点業務の現状と改善点-治験依頼者の立場から
 3.治験依頼者との接点業務の現状と改善点-CRCの立場から
 4.品質保証業務の現状と改善点-監査担当者/CRCの立場から
 5.GCP調査の立場とCRCの視点-GCP調査の立場から
 6.GCP調査の立場とCRCの視点-CRCの立場から
B 創薬育薬医療スタッフの連携
 1.創薬育薬医療チーム内の調整-市中肺炎を例にして
 2.創薬育薬医療チーム内の調整-検査部門を中心にして
 3.わかりやすい資料の作り方-薬剤師CRCの立場から
 4.わかりやすい資料の作り方-看護師CRCの立場から
 5.CRC業務に必要なツール作成の実際
C 創薬育薬医療チーム内のコミュニケーションとトラブル予防策
 1.医療機関と治験依頼者間のトラブル
 2.医療機関と被験者間のトラブル
 3.医療機関のスタッフ間のトラブル-医療機関所属CRCの立場から
 4.医療機関のスタッフ間のトラブル-SMO所属CRCの立場から
 5.事例から学ぶトラブル予防策
D 被験者保護とIRBのありかた
 1.一般市民からみた治験と被験者保護
 2.法的立場からみた被験者保護をめぐる「Q&A」
 3.被験者保護と模擬IRBによる学習
E 臨床試験のインフォームドコンセント
 1.同意説明文書を考える
 2.創薬育薬医療スタッフに必要な被験者保護の知識

 付録:参加体験型ワークショップの記録
 索引