医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

絵でみる超音波 改訂第3版【電子版】

長井 裕 (著)

ユナイテッド・エンジニアリングNGI研究所所長

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28605-8
電子版発売日
2016/07/11
ページ数
188ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,240 (本体¥3,000+税8%)

特記事項
この電子版では、検索機能の結果において索引用語が正確に表示されない場合があります。
印刷版ISBN
978-4-524-26809-2
印刷版発行年月
2012/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
54 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

超音波診断装置の使用方法のみならず,超音波の音響的原理や工学的知識を,著者の独創的な図版と,初心者にもわかりやすい記述で解説したテキスト.今改訂では,診断装置の進歩に併せて多くの図版を追加し,記述も充実させた.また,今版より2色刷とし,「赤シート」を透すと表示が変化するようにした.超音波検査技師試験をはじめ,専門医試験の受験用テキストとしても最適.

目次

【内容目次】
I.超音波の基礎
第1章 超音波って…?
1 聞こえる音,聞こえない音
2 波ってなんだ?—波動の意味
3 周波数の違い
4 超音波画像の表示モード
 ■Aモード
 ■Bモード
 ■Mモード
 ■Dモード
 ■カラーモード(Flow)
 ■Dモードとカラーモードの違い

第2章 周波数と分解能,透過力
1 距離分解能
2 方位分解能
3 透過力
4 減衰

第3章 プローブ
1 画像の表示方法とプローブのかたち
  ■走査方式
  ■走査形状
2 電子方式
 A.リニア走査,コンベックス走査の場合
  ■電子リニア走査,電子コンベックス走査
 B.セクタ走査の場合
  ■電子セクタ走査
  ■電子フォーカス
  ■受信時のフォーカス
 C.電子ラジアル走査の場合
3 機械方式
 A.セクタ走査の場合
  ■機械セクタ走査
 B.ラジアル走査の場合
  ■機械ラジアル走査
 C.リニア走査,アーク走査の場合
  ■機械リニア走査
  ■機械アーク走査

第4章 ドプラ
1 原理
2 FFT
3 カラードプラ
4 カラードプラとパワードプラ
5 表示上の注意点
6 スペクトラム表示とカラー表示
7 クラッタ

第5章 繰り返し周波数
1 繰り返し周波数
  ■繰り返し周波数を上げる
  ■繰り返し周波数を下げる
2 繰り返し周波数の考え方
3 プローブ周波数とドプラ
  ■プローブの周波数を上げる
  ■プローブの周波数を下げる
  ■遅い血流
  ■速い血流

第6章 アーチファクト
1 屈折
2 反射
3 減衰
4 増強
5 多重
6 サイドローブ
7 超音波の広がり

第7章 より良い画像で診断するには
1 表示モニタ
  ■コントラスト(対比,対照)
  ■ブライトネス(明るさ,輝き)
2 装置本体
 A.コントラスト(ダイナミックレンジ)の設定
 B.ゲインの調整
 C.STCの調整
 D.TGCの調整
 E.画像処理機能
  ■エッジエンハンス機能
  ■フレーム相関
  ■ポストプロセス
  ■ガンマ補正
 F.フォーカスポイント(電子)の調整
3 プローブ
 A.フォーカスポイント(音響レンズ)の理解
 B.音響カップリング
4 画像記録装置
 A.プリンタ
 B.VTR
 C.光磁気ディスク
 D.ハードディスク
 E.サーバ
5 記録方式
 A.JPEG
 B.MPEG
 C.フォーマット形式
 D.DICOM
6 インピーダンス(終端)の設定

第8章 知っていると便利なこと
1 生体内の音速
2 生体内の音の波長
3 探触子の分解能の目安
4 探触子における素子数
5 ピッチとサイドローブ
6 S/N比
7 周波数と強さの表示方法
8 超音波の表現のしかた
9 ハーモニックイメージング
10 超音波造影剤
11 新しい表示方法

II.超音波の理論
第9章 音響工学の基礎
1 音の伝搬
 A.速度
2 音速と波長
 A.音速
 B.生体内換算距離(反射法)
 C.波長
3 音波の性質
 A.音波
 B.超音波の音場
 C.指向性
4 周期
 A.PRFとPRT
5 音の屈折
 A.臨界角
 B.固有音響インピーダンス
  ■固有音響インピーダンスの意味
6 音の反射と透過
 A.送信された超音波と反射する超音波
  ■反射音は仮想音源
  ■仮想音源とは
  ■反射強度
 B.反射と透過の計算式
  ■入射角が0°の場合(基本的な場合)
  ■一般的な場合
 C.位相の反転,非反転

第10章 装置の基礎
1 プローブ(探触子)
 A.振動子
  ■材料の種類
 B.ダンパー材
 C.整合層
 D.周辺回路
 E.振動子形状の種類
  ■シングルアレイ
  ■フェイズドアレイ
  ■アニュラアレイ
  ■マトリックスアレイ(二次元配列型探触子)
2 送受信器
 A.送受信方法
  ■送信器
  ■受信器
  ■電子走査方式
  ■機械走査方式
3 デジタル化について
  ■A/D変換器
  ■D/A変換器
  ■デジタル信号
  ■アナログ信号
  ■補間処理
  ■相関処理
  ■TV信号
  ■ビデオ信号
  ■ディスプレイ
4 システム
 A.フレームレート
  ■種類
 B.フレームレート決定の要因
  ■フレームレートの変化要因
 C.周期とパルス幅
 D.位相の考え方
 E.超音波波形の位相と加算
 F.フィルタ

第11章 ドプラ装置の原理
1 ドプラ総論(その1)
 A.ドプラ効果
 B.血流の角度
2 CWドプラ
  ■特徴
  ■表示
  ■原理
3 PWドプラ
  ■特徴
  ■表示
  ■原理
4 HPRF
  ■特徴
  ■表示
  ■原理
  ■補足
5 カラードプラ
  ■特徴
  ■表示
  ■原理
6 ドプラ総論(その2)
 A.流速方向の決定
 B.ドプラ装置
 C.フーリエ解析とFFT

第12章 超音波で使う計算式
1 基礎計算式
 A.dB(デシベル)とは
  ■対数
  ■掛け算と足し算
  ■dBの便利さ
  ■覚えるデシベル値
 B.三角関数
2 応用計算式
 A.ドプラの式
 B.フェイズドアレイ振動子
  ■グレーティングローブの出現角度算出式
  ■フェイズドアレイ振動子の遅延量

第13章 装置の安全性
1 アース
2 電気的安全性
  ■漏れ電流
3 音響的安全性
 A.生体への作用
 B.パルス超音波の音響強度の表示
  ■Ixx xx
  ■音響強度の変化要因
  ■測定
  ■モードによる音響強度の違い
 C.FDA510(K)GuideLine
 D.音響強度の測定法
 E.MI
 F.TI
 G.ALARA

第14章 計算のテクニック
1 指数
  ■小数点以下
  ■指数の分子,分母の位置変更
  ■計算法
  ■数式の項の移動
  ■具体的計算方法
  ■単位
  ■単位がある掛け算,割り算
2 対数—logの話

第15章 超音波診断装置でよく使用する単位
1 各単位
  ■時間と周波数
  ■速度
2 生体組織の音響特性
3 単位についての参考

索引