医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

≪麻酔科研修 実況中継!4≫

麻酔科研修 実況中継! 第4巻【電子版】

気道管理編

南 敏明(監修) 駒澤 伸泰 (著)

大阪医科大学麻酔科学教室教授/大阪医科大学医学教育センター講師

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/01/28
ページ数
154ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,024 (本体¥2,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-05544-5
印刷版発行年月
2019/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
78 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

麻酔科研修実況中継も第4巻からは後期専門研修に入りました.今回のテーマは「気道管理」.
ガイドラインを実臨床に生かし,いかにしてそれぞれの患者さんにベストな気道管理を行うか.本書を通読すればその考え方が身に付きます.
麻酔科に限らず,救急科・集中治療科など,すべてのレジデントのための「気道管理」入門書の決定版です!

目次

目次

序章 麻酔科専門研修で求められること
 初期臨床研修医と後期専門研修医の違い
 新専門医制度と専門研修プログラム
 麻酔科専門医に求められる能力
 麻酔科レジデントへのアドバイス

1  麻酔科的気道確保の考え方を理解しよう
 何故,気道管理が大切なのか?
 麻酔科医として気道管理の侵襲と循環への影響を意識しよう
 麻酔科医として気道保護を意識しよう

2 ASA-DAMを理解しよう
 米国麻酔学会のさまざまなガイドライン
 ASA-DAMガイドライン
 ASA-DAMの気道管理困難の定義と対応
 ASA-DAMアルゴリズム
 ASA-DAMの推奨する気道管理戦略
 抜管時の注意点とフォローアップの重要性
 ASA-DAMアルゴリズム図解の詳細
 ASA-DAM推奨点のまとめ

3 JSA-AMAアルゴリズムを理解しよう
 日本麻酔科学会気道管理アルゴリズム(JSA-AMA)
 JSA-AMAの換気による分類 V1-V3
 日本麻酔科学会気道管理アルゴリズム(JSA-AMA)の考え方
 ASA-DAMとJSA-AMAの違い
 日常からのシミュレーション訓練と環境整備の必要性
 輪状甲状膜穿刺の訓練をシミュレーターで訓練する

4 術前気道評価法を習得しよう
 麻酔科医として術前気道評価を身に着けよう
 気道管理困難の予測の基本
 下顎の大きさが気道管理のポイント
 自分なりの気道評価方法を確立しよう
 誤嚥リスクも評価して気道管理計画を立てよう
 気道管理困難を引き起こす疾患や病態を理解しよう
 予期せぬ換気困難・挿管困難への対応を万全に

5 ビデオ喉頭鏡を習得しよう
 ビデオ喉頭鏡の利点を理解しよう
 ビデオ喉頭鏡の有用性
 代表的なビデオ喉頭鏡AWSとマックグラス(McGRATH)
 ビデオ喉頭鏡の弱点を理解しよう その1 モニター視野障害
 ビデオ喉頭鏡の弱点を理解しよう その2 声門通過困難への対応
 AWSの特徴
 McGRATH

6 声門上器具を習得しよう
 緊急時気道確保における声門上器具の位置付け
 気道管理ガイドラインにおける声門上器具の位置付け
 心肺蘇生における声門上器具の位置付け
 AHA-G2015ガイドラインにおける声門上器具
 声門上器具の特徴を理解し,習熟しよう
 さまざまな声門上器具

7 声門通過困難を意識し,気管支ファイバースコープを習得しよう
 気管支ファイバースコープの位置づけ〜声門通過困難対応器具として〜
 ガムエラスティックブジー
 気管支ファイバースコープの訓練と注意点
 気管支ファイバースコープのさまざまな活用法
 気管支ファイバースコープ
 気管支ファイバースコープと挿管用声門上器具の併用
 気管支ファイバースコープとビデオ喉頭鏡の併用

8 予期せぬ換気不能と侵襲的気道確保を理解しよう
 気道管理困難症例に対する術前説明と準備
 予期せぬ開口障害
 声門上器具換気困難から侵襲的気道確保へ
 予期せぬ換気困難・換気不能への対応
 換気不能時のさまざまな対応
 施設ごとの予期せぬ換気困難・不能への訓練の必要性
 声門下の気道管理困難は事前の十分な検討が必要

9 抜管時の気道管理を習得しよう
 抜管時の問題点
 抜管の基準
 抜管時は人的因子,手術因子により気道管理困難が修飾される
 抜管に影響を与えるさまざまな因子
 Difficult Airway Society(DAS)抜管ガイドライン
 Difficult Airway Society抜管ガイドラインの各ステップ

10 解剖学的原因以外の気道管理困難を意識しよう 〜アナフィラキシー,喘息発作,緊張性気胸を例に〜
 全ての症例で発生しうる気道管理困難
 アナフィラキシーショックと気道管理
 アナフィラキシーショックの多様性を理解しよう
 解剖学的原因によらない気道管理困難
 全身麻酔中における喘息発作
 緊張性気胸は換気不能,心停止につながります
 総合的な気道管理困難への対応を意識しましょう

11 院内急変時の気道管理に参加しよう
 院内急変は突然発生します
 院内急変対応と気道管理〜何よりもまずは酸素化〜
 院内急変対応における麻酔科の役割
 緊急時こそチームワークが大切です
 手術室外での気道管理に必要なこと〜環境要因による気道管理困難を意識して〜

エピローグ

あとがき

気道管理に関する各種ガイドライン

索引