医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

肺動脈形成術PTPA/BPA実践ガイド【電子版】

佐藤 徹 (監修)

杏林大学医学部内科学(Ⅱ)教授

出版社
南山堂
電子版ISBN
978-4-525-98061-0
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
153ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,860 (本体¥4,500+税8%)

印刷版ISBN
978-4-525-24181-0
印刷版発行年月
2015/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
112 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

肺動脈形成術(PTPAまたはBPA)は,慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)に対するカテーテルを用いた新たな治療選択として,注目されている.世界をリードし本治療法のオピニオンリーダーでもある執筆陣が,持ち合わせている手技とエビデンスを余すことなく紐解き,CTEPHの診断とPTPAのスキルが身に付く実践書である.

目次

第1章 CTEPHの歴史と診断

1 慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEPHの診断と治療
 1.CTEPHの病態と診断

2 CTEPHの治療と経皮的肺動脈形成術PTPAの歴史
 1.肺動脈内膜摘除術 PEA
 2.薬物治療
 3.PTPAの歴史

3 CTEPHの右心カテーテル検査と肺動脈造影検査 ─肺動脈区域枝ナンバリングを含めて─
 1.CTEPHの診断と右心カテーテル検査や肺動脈造影検査の位置づけ
 2.右心カテーテル検査の流れ
 3.肺動脈造影検査
 4.肺動脈造影検査の具体的な方法
 5.肺動脈の解剖学的構造

4 CTEPHの鑑別疾患
 1.肺動脈以外の肺組織が要因となり,肺動脈の障害を合併する疾患
 2.肺動脈以外の肺組織が要因ではなく,肺動脈が障害されるCTEPH以外の疾患
 3.腫瘍性疾患
 4.その他の疾患


第2章 PTPAの実践─手順・コツとトラブル対処─

1 PTPAによる治療介入時期と適応をどう考えるか
 1.治療介入時期
 2.PTPAの適応

2 術前準備 ─管理方法やクリニカルパスの実際─
 1.入院時にチェックすべき項目
 2.入院後の抗凝固療法の施行について
 3.術後早期管理について
 4.クリニカルパスについて

3 PTPA中の手技手順
 1. 穿刺アプローチからシース挿入
 2. ガイディングカテーテルとガイドワイヤーの選択と操作
 3. 治療病変の選択法 ─造影所見による病変形態分類を含めて─
 4. 肺動脈造影所見:肺血管造影分類pulmonary flow grade(PFG)
 5. 各病変の拡張エンドポイント ─pressure wireやアンギオをガイドとした実際─
 6. バルーンの選択とバルーン拡張
 7. 肺水腫予測点数化指標PEPSIを用いたセッションエンドポイント
 8. 血管合併症に対するトラブルシューティング

4 術後管理 ─肺水腫への対応を含めて─
 1.PTPA後の病棟管理:一般病棟管理かICU管理か
 2.PTPA周術期の内服薬やカテコラミンの使用
 3.再灌流性肺水腫の予防
 4.再灌流性肺水腫の出現時期
 5.PTPA術後の酸素化不良時の対応方法

5 PTPAセッションの施行回数と施行期間の判断
 1.PTPAの施行回数
 2.PTPAの施行期間

6 カテーテル挿入下心肺運動負荷試験による治療適応と治療効果の検討
 1.運動負荷を行う意義
 2.運動中の肺動脈圧の正常値
 3.カテーテル挿入下心肺運動負荷試験(CPX)の実際
 4.結果の解釈


第3章 PTPAにおける画像モダリティ

1 ローテーショナル肺動脈造影と3D構築画像の有用性
 1.PTPAにおける3D構築画像の役割
 2.Cアーム装置による回転撮影 ─ローテーショナル肺動脈造影の有用性─

2 血管内超音波(IVUS)と光干渉断層映像(OCT)
 1.IVUSとOCTの特徴
 2.PTPAにおけるイメージング使用法


第4章 ケーススタディで学ぶPTPA

1 中枢性CTEPHに対するPTPA

2 多臓器障害と右心不全を合併した重症CTEPHに対するPTPA


第5章 PTPAにおけるエビデンス

1 PTPA後の短期効果と長期効果 ─国内外のエビデンスをまとめて─

2 薬物治療vs. 外科治療(PEA) vs. PTPA ─治療効果や予後─  
 1.各治療法についての概説
 2.自施設データに基づく検証

3 高齢者におけるPTPAの効果と安全性
 1.高齢者における侵襲的治療
 2.高齢者におけるPTPAの効果
 3.高齢者におけるPTPAの安全性

4 外科治療(PEA)後の残存性・再発性の肺高血圧に対するPTPAの有用性
 1.術後残存性・再発性肺高血圧に対するPTPAによるアプローチ

5 PTPA治療前後の右室機能の変化 ─心臓MRI─
 1.心臓MRIの特徴
 2.撮影方法・条件
 3.解析方法と現時点でのエビデンス
 4.PTPAにおける心臓MRIの今後

6 PTPA治療前後の右室機能の変化 ─心エコー─
 1.CTEPHにおける右心機能障害
 2.心エコーによる右心機能評価
 3.PTPAによるCTEPHの右心機能改善


日本語索引
外国語索引