医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

冠動脈疾患のパーフェクトマネジメント【電子版】

伊藤 浩 (編)

岡山大学教授

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28445-0
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
246ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,560 (本体¥7,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-26733-0
印刷版発行年月
2013/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
138 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

冠動脈イベントの発症を予防し,生命予後を大幅に改善するための“新しい冠動脈疾患診療”の実践書.変貌しつつある冠動脈診療につき,冠動脈イベント機序の新知見,イベント発生を未然に防ぐための診断のポイント,予後を改善するための治療法の実際を,各分野のエキスパートが詳細に解説.循環器医はもちろん,心不全診療に携わるすべての医師にお勧めの一冊.

目次

【内容目次】
第I章 冠動脈疾患の治療目標が変わった
 1 冠動脈疾患の治療目標が変わった
  1 冠動脈疾患の治療目標が変わった:血行再建からイベント予防へ
  2 診断コンセプトが変わる:虚血診断からリスク層別化へ
  3 治療が変わる:血行再建からプラークコントロールへ
  4 治療ターゲットが変わる:血管内皮機能と炎症制御をターゲットに
  5 beyond LDLそしてbeyond glucose
第II章 冠動脈イベントの機序を知る
 1 冠動脈イベントのプロセスを理解しよう
  1 血管内皮機能とその異常
  2 単球とリンパ球、樹状細胞の役割
  3 動脈硬化プラークの進展
  4 動脈硬化プラークの破裂
  5 血栓形成を促進させるもの
  TOPICS 心臓周囲脂肪組織とその意義
 2 冠動脈イベントのリスクを知る
  1 インスリン抵抗性は最大のリスク
  TOPICS 高インスリン血症と動脈硬化
  2 動脈硬化惹起性の脂質異常症
  3 慢性腎臓病はなぜ悪い
第III章 冠動脈イベントを予測する
 1 生理機能検査と画像診断
  1 血管内皮機能を診断する
  2 全身動脈の変化から予測する
  3 血管壁性状に迫る
  CONTROVERSY 冠動脈石灰化は薬剤治療に反応するか
  4 核医学検査で冠動脈イベントを予測する
  TOPICS MRIによる不安定プラークの検出
 2 血液マーカーを活用する
  1 炎症マーカー(高感度CRP)を臨床でどう使う
  2 酸化LDLの測定とその意義
  3 リポ蛋白(a)は動脈硬化性疾患の多面的危険因子
第IV章 冠動脈イベントを予防する
 1 新たな糖尿病治療戦略:beyond glucose
  1 SU薬,インスリンによる血糖降下療法には限界がある
  2 早期治療介入の重要性
  3 インスリン抵抗性に対する治療介入
  4 食後高血糖に対する治療介入
  5 脂質異常症を改善させる糖尿病治療薬は?
  6 糖尿病治療薬を臨床でどう使う
 2 新たな脂質管理:beyond LDL
  1 高TG血症,低HDL-C血症をどう改善する
  2 食後高脂血症とその治療戦略
  3 脂肪酸の質に介入する:ω-3系多価不飽和脂肪酸
  4 薬物治療の戦略とその成績
 3 新たな血圧管理:beyond blood pressure
  1 厳格な血圧管理が重要
  2 冠動脈イベント予防におけるACE 阻害薬のエビデンス
  3 見直されるβ遮断薬
  ONE POINT ADVICE 炎症をコントロールする治療戦略は成り立つか?
 4 抗血小板療法を活かす
  1 一次予防における抗血小板薬の選択
  2 末梢動脈疾患(PAD)は高リスク:抗血小板療法はどうする
  3 PCI 後の抗血小板療法はどうする
  4 心房細動症例における抗血小板療法
  5 抗凝固療法の新しい可能性
  TOPICS 心房細動症例に対するPCI 後の抗血小板療法
 5 生命予後を改善する冠血行再建
  1 見た目よりも血行動態的狭窄度が重要
  2 PCIとCABGの境目
  3 どのような症例にCABGを推奨すべきか
 6 心臓リハビリテーションをどう活かす
  1 冠動脈イベント低下のエビデンス
  2 病棟から外来へ:シームレスにするポイント
  3 何をポイントにチェックしていくべきか
  4 継続可能な運動処方の要点
  TOPICS 地域連携クリティカルパスで心臓リハビリテーションを継続する
 7 栄養指導の要点丸山千寿子
  1 インスリン抵抗性にどう介入する
  2 脂質異常症にどう介入する
  3 塩分制限をどう実現する
  4 簡単かつ継続できる食事指導介入のコツ
  TOPICS ω-3多価不飽和脂肪酸の糖尿病予防効果
 8 睡眠呼吸障害を治療する
  1 冠動脈疾患患者には閉塞性睡眠呼吸障害が多く合併する
  2 冠動脈疾患にOSAが及ぼす影響とその機序
  3 睡眠呼吸障害をどの段階から・どのように治療するか?
  4 治療効果のエビデンス
第V章 特殊病態における冠動脈イベントの予防
 1 慢性腎臓病をどう治療する
  1 腎保護と心血管保護は両立する
  2 スタチンの効果:心血管イベントを予防する.腎保護をする
  3 脂質低下薬をどう使う
  4 降圧薬をどう使う
  5 抗血小板薬の効果は
  ONE POINT ADVICE 透析患者の冠動脈イベント予防戦略
  TOPICS クレメジンの冠動脈イベント予防の可能性
 2 超高齢者をどう治療する
  1 高齢冠動脈疾患患者に対する治療介入
  2 高齢者における冠動脈危険因子の管理
  3 高齢者における血行再建と薬物治療
  4 病態・背景による検討
 3 あなたならどうする:ケース別治療戦略
  1 重症(>300mg/dL)高トリグリセリド血症
  2 末梢動脈疾患の高齢患者
  3 急性冠症候群後のメタボリックシンドローム
  4 脳卒中後の脂質異常症
  5 標準スタチン治療でもコントロールできない脂質異常症
  6 低HDL-C 血症の冠動脈疾患患者
  7 透析を受けている多枝病変例
  8 重症高血圧を合併する脂質異常症
索引