医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

外来診療・栄養指導に役立つ

胃切除後障害診療ハンドブック【電子版】

「胃癌術後評価を考える」ワーキンググループ (編)

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28703-1
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
188ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,780 (本体¥3,500+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-25897-0
印刷版発行年月
2015/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※パソコン対応(WEBブラウザによるアクセス参照)は2017年7月上旬予定
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
30 MB以上
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

多様な臨床症状を呈する胃切除後障害をより早い段階で発見し,その診断と治療を体系的に行うためのハンドブック.多くの病院で行われている指導や対応の現状に即した構成で,日常の外来診療・栄養指導の際にも使いやすいよう,要点をコンパクトにまとめた.胃癌診療に携わる外科医,管理栄養士,その他の医療スタッフや患者にも有用な一冊.

目次

【内容目次】
序章
 「胃切除後障害診療ハンドブック」の発刊にあたって
 「胃癌術後評価を考える」ワーキンググループについて
 PGSAS-45/PGSAS-37質問票について
 PGSAS(postgastrectomy syndrome assessment study:ペガサス)について
 PGS(postgastrectomy syndrome:胃切除後障害)対応システム構築プロジェクトについて
第1章 胃切除後障害の総論
 章のはじめに
 総論
第2章 胃切除後障害の各論
 章のはじめに
 I.器質的障害
  1.逆流性胃炎
  2.逆流性食道炎
  3.吻合部潰瘍・狭窄
  4.胆石・胆.炎
  5.輸入脚症候群
  6.内ヘルニア
  7.残胃の癌
 II.機能的障害
  1.胃切除後によくみられる症状と症状分類(下位尺度)
  2.食道逆流
  3.腹痛
  4.食事関連愁訴(小胃症状)
  5.消化不良
  6.下痢
  7.便秘
  8.早期ダンピング症候群
  9.後期ダンピング症候群
  10.胃アトニー(atony)
  11.Roux-en-Y症候群
 III.吸収・代謝・栄養関連
  1.胃切除後の消化・吸収・代謝の変化
  2.体重減少(るい痩)-筋肉量と脂肪量の減少
  3.脂肪消化吸収障害(脂肪便)
  4.乳糖不耐症
  5.骨障害
  (付)こむら返り
  6.貧血
  7.食欲不振
第3章 胃切除後障害からみた各胃切除術式の特徴
 章のはじめに
 各胃切除術式の特徴
  1.幽門側胃切除術Billroth-I法再建
  2.幽門側胃切除術Roux-en-Y法再建
  3.胃全摘術Roux-en-Y法再建
  4.噴門側胃切除術
  5.幽門保存胃切除術(PPG)
  6.胃局所切除術
第4章 胃切除後障害の診断・検査の進め方
 章のはじめに
 診断・検査の進め方
  1.患者が不調を訴えた際の鑑別診断
  2.診察とルーチン検査の進め方
  3.胃切除後の評価に使われる主な消化管機能検査
第5章 胃切除後障害の予防
 章のはじめに
 予防
  1.胃切除後の食事に関する注意のポイント(胃を切った後の生活を快適に過ごすための食事の5か条)
  2.食事の食べ方について確認すべき項目とその指導の実際(術前,退院前,退院後の食事指導の要点)
  3.注意して食べたい食品・料理および調理法の工夫
  4.中食,宅配,簡単クッキングについての具体的なアドバイス
  5.外食における注意点,アドバイス
  6.気をつけたい状況
  7.補食(間食)の勧め
  8.胃切除後に不足しやすい栄養素
  9.胃切除後の生活に関する注意のポイント(体に優しい生活のための5か条)
  10.胃切除後にお勧めの適度な運動とレジャー
  11.社会生活への復帰(職場復帰の進め方)
  12.病気と術後の身体の変化への向き合い方:メンタルヘルス
第6章 胃切除後障害の治療の実際
 章のはじめに
 治療の実際
  1.栄養評価と食・生活指導
  2.栄養治療(人工栄養管理:artifical nutrition)
  3.薬物治療
  4.手術治療
第7章 胃切除後障害を克服するためのロードマップ
 章のはじめに
 PGSを克服するためのロードマップ
  1.PGSの発生要因
  2.PGSを克服するためのチーム
  3.PGSの検出・対応システム(3段階構想)
  4.チーム医療連携の全体図
  5.患者自身の対応(1):患者支援ツール
  6.患者自身の対応(2):自己対処の要点
  7.患者自身の対応(3):「振り返り日誌」の活用法
  8.管理栄養士の対応(1):外来栄養相談,外来NST
  9.管理栄養士の対応(2):PGSAS(ペガサス)アプリの活用法
  10.医師の対応(1):PGSを検出する
  11.医師の対応(2):アラーム徴候
  12.医師の対応(3):検出したPGSへの対処法
巻末資料
 1.患者支援ツールの案内文
 2.PGS検出シート