医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨床食道学【電子版】

小澤 壯治 (編)

東海大学教授

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28702-4
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
356ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥12,960 (本体¥12,000+税8%)

特記事項
この電子版は一部色調が底本(紙媒体の書籍)と異なって見える場合があります。
印刷版ISBN
978-4-524-25775-1
印刷版発行年月
2015/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
124 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

食道疾患診療全体を包括した臨床テキスト.疫学や解剖をはじめとした基礎知識から,診断法,治療方針,内科的治療,手術療法など臨床で求められる実践的な知識まで,最新の内容を各分野のエキスパートが執筆.第一線で活躍する専門医にも役立つ内容となっている.食道疾患診療に携わる消化器外科医,消化器内科医,研修医必携の一冊.

目次

【内容目次】
A.食道疾患診断・治療の歴史
B.食道疾患の疫学
 1.良性疾患
 2.癌
C.食道の解剖・組織・発生
D.診断法
 1.食道造影検査
 2.内視鏡検査
 3.超音波内視鏡検査
 4.CT,MRI,PET検査
 5.腫瘍マーカー
 6.食道内圧検査,インピーダンスpH検査
E.各論
 (1)良性疾患
  1.胃食道逆流症(GERD)
   a.診断・治療方針
   b.内科的治療
   c.手術
  2.巨大食道裂孔ヘルニア
  3.食道アカラシア
   a.取扱い規約
   b.手術
   c.POEM
   d.拡張術
  4.食道損傷
  5.食道憩室症
  6.好酸球性食道炎
  7.腐食性食道炎
  8.食道異物
  9.全身疾患に伴う食道病変
 (2)食道癌
  1.病理
  2.リスク因子
  3.治療方針
  4.内視鏡的治療
  5.根治手術
   a.頸部食道癌
   b.胸部食道癌
    (1)開胸
    (2)胸腔鏡
     a)側臥位
     b)腹臥位
    (3)縦隔鏡
   c.食道再建術
    (1)胃
    (2)小腸
    (3)結腸
  6.サルベージ手術
  7.食道バイパス術
  8.食道拡張術,ステント挿入術
  9.術前術後補助化学療法
  10.化学療法
  11.放射線治療
  12.化学放射線療法
  13.チーム医療による食道癌治療
  14.周術期管理と合併症対策
   a.栄養管理
   b.呼吸器合併症
   c.縫合不全・吻合部狭窄
   d.反回神経麻痺
   e.乳び胸
  15.国内外の多施設共同研究の動向
  16.食道がん検診の現状
 (3)食道胃接合部癌
  1.定義,疫学,診断
  2.治療
 (4)Barrett食道,Barrett食道癌
  1.定義,成因
  2.病理
  3.診断法
  4.サーベイランス
  5.治療
   a.内視鏡的治療
   b.手術
 (5)非上皮性腫瘍,特殊型食道癌
F.将来展望
 1.日本の食道学の方向性
 2.「食道癌取扱い規約」改訂に向けて
 3.センチネルノードナビゲーション手術
 4.ロボット支援食道手術
索引