医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

やさしい腫瘍学【電子版】

からだのしくみから見る“がん”

小林 正伸 (著)

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28642-3
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
240ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,456 (本体¥3,200+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-26991-4
印刷版発行年月
2014/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
60 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

「がんの本態」「がんの診断」「がんの治療」に関する基礎的な知識を,生理学の観点から理解できるよう解説.オリジナルの豊富な図表とていねいな本文解説でやさしく読み進めることができる.医・薬学部,認定看護師養成課程で腫瘍学を教える筆者による,ツボを押さえた解説で日ごろのがんに対する疑問を楽しみながら解決.明日の実践に活かせる一冊.

目次

【内容目次】
第I章 正常細胞の誕生と増殖と死
 1 正常組織の恒常性を維持する機構
  A 今日のあなたは昨日のあなたと同じ?-新陳代謝の意義
  B ヒトの細胞にはなぜ寿命があるのか?
  C 臓器の恒常性維持はどのように行われているのか?
   (1) 細胞の寿命とは何か?
   (2) ヘイフリックの限界を乗り越える細胞の存在-幹細胞システムの意義
    a■ 組織幹細胞
    b■ 幹細胞としての生殖細胞
    c■ 幹細胞はなぜ必要なのか?
 2 正常細胞はどのように生きているのか?
  A 正常細胞の生存に必要な要素は何か?
  B なぜ分解して吸収するのか?
  C 吸収された栄養はどのように絶え間なく供給されるのか?
  D エネルギーはどのように産生されるのか?-酸素・栄養供給の必要性
   (1) ATPの産生-嫌気性解糖系とTCA回路の違いは何か?
   (2) 酸素と栄養を運ぶ血管
 3 正常細胞はどのように生まれるのか?
  A 正常細胞はどのように増殖をスタートするのか?-増殖因子と増殖因子受容体
   (1) 外傷後の修復過程
   (2) 増殖因子の働きは何か?
  B 増殖の指令はどのように核まで伝わるのか?-シグナル伝達の役割
   (1) シグナル伝達の意味
   (2) シグナル伝達のメカニズム
   (3) 増殖因子のシグナル伝達に関与するタンパク
  C 細胞周期
  D 分化の機構
 4 老化した細胞はどのように死ぬのか?-細胞の死の制御機構
  A 細胞死の役割は何か?
   (1) 単細胞生物から多細胞生物へ
   (2) 老化した細胞の排除
  B 大部分の細胞の死は自殺なのか?-自殺と他殺の意義
  C 細胞の生と死を決めるメカニズムは何か?
  D 死を誘導するメカニズムがあるのか?-死のシグナルの意義
   (1) ミトコンドリアを介する死のシグナル
   (2) 死の受容体を介する死のシグナル
  E 細胞死の例-ウイルス感染細胞のリンパ球による排除
第II章 がん細胞の誕生とがん細胞の特徴
 1 がんの特徴-がんとは何か?
  A 腫瘍とは何か?悪性腫瘍とは何か?がんとは何か?
   (1) 腫瘍とは何か?
   (2) 悪性腫瘍とは何か?
   (3) がんとは何か?
  B 単クローン由来の証明
   (1) X染色体による証明
   (2) 成人T細胞性白血病による証明
  C がんは何年くらいかかって大きくなるのか?
   (1) 1個のがん細胞から直径1cmのがんへの経過
   (2) 直径1cmのがんになるための計算上の分裂回数
   (3) 広島と長崎の原爆被爆からわかること-ヒトでのがん発生の時間経過
   (4) 膵がんの進展の経過
 2 がん細胞はどのように誕生するのか?
  A がん遺伝子とは何か?
   (1) がんウイルス
    a■ がんウイルスの発見とがん化の原因遺伝子存在の推測
    b■ がんウイルスの遺伝子と原がん遺伝子の発見
   (2) がん遺伝子の誕生のメカニズム
   (3) 原がん遺伝子の本来の役割
    a■ 原がん遺伝子の役割の発見
    b■ 原がん遺伝子と細胞増殖
    c■ 増殖シグナルが常時スイッチオンとなるメカニズム
  B がん抑制遺伝子とは何か?
   (1) がん抑制遺伝子の存在の確認
    a■ がん細胞と正常細胞の融合
    b■ クヌドソンのツーヒットセオリー
   (2) がん抑制遺伝子の本来の役割-p53の機能
   (3) がん抑制遺伝子の喪失はがん細胞に何をもたらすのか?
  C 遺伝子異常は1個で十分か?
   (1) 遺伝子対rasとmyc -両遺伝子の活性化によるがん化
   (2) ヒトの細胞のがん化に遺伝子異常は何個必要か?
 3 がん細胞は細胞死しにくいのか?-細胞死機構における変化
  A 細胞死誘導シグナル伝達系の異常-アポトーシス抵抗性
  B テロメラーゼ活性と細胞の不死化
 4 がんの原因は何か?-遺伝子の変異をもたらしている原因
  A がんのなりやすさは遺伝するのか?-遺伝要因と環境要因
  B 遺伝子変異とDNAポリメラーゼのミス
   (1) 放射線被曝や発がん物質
   (2) DNAポリメラーゼのミス
   (3) DNAポリメラーゼのミスの意義-進化への貢献
  C 放射線の与える影響
  D 化学発がん物質の作用
   (1) 職業がんから化学発がん物質の発見
   (2) 化学発がん物質
   (3) たばことたばこの煙に含まれる化学発がん物質
  E 感染によるがん発症
  F 重層的ながんの原因
 5 がん化に必要な血管新生
  A がん細胞は豊富な栄養と酸素に恵まれているのか?
  B がん組織における酸素濃度
  C 血管新生のメカニズム
 6 がん幹細胞
   (1) がん幹細胞の証明-白血病幹細胞
   (2) 正常幹細胞とがん幹細胞の関係
   (3) がん幹細胞の意義
第III章 どのように人はがんで死亡するのか?-転移
 1 転移こそがん死亡の原因か?
  A がんの進展過程(原発巣の増大と転移)
  B がんの進行に伴う転移の増加
   (1) 病期の進行に伴う転移の増加が生存率低下をもたらす
   (2) 進展に伴う不均一な細胞集団の形成-転移能力の獲得
 2 転移先臓器の特異性
  A 転移先として多い臓器とその理由-血液循環の役割
  B がんの違いによる転移先の好み(!?)の違い
   (1) 肺転移,肝転移
   (2) 骨転移
 3 がん細胞の転移機構
  A 正常に起こる細胞の移動とその機構
   (1) 白血球の移動
  B がんの転移に必要なステップは何か?
   (1) 血管新生とがん細胞の血管内への侵入
    a■ 血管の形成
    b■ がん細胞がバラバラに離れる
    c■ 血管内へ侵入
   (2) 転移臓器での血管外脱出
    a■ 造血幹細胞の骨髄定着機構
    b■ がん細胞の骨髄への定着機構
    c■ がん細胞の肺,肝定着機構(仮説)
   (3) 転移臓器内での増殖
 4 がん細胞はなぜ転移するのか?
  A ケモカイン仮説
  BS eed &Soil Theory(種と畑仮説)
  C 微小環境仮説
第IV章 がんの診断
 1 がんはどのように診断するのか?
  A がんの診断の実際の流れ
   (1) 肺がん診断の例
  B スクリーニング検査
   (1) スクリーニング検査とは
   (2) スクリーニング検査のデメリット
   (3) スクリーニング検査の有用性と実際
 2 腫瘍マーカーとは何か?
  A 腫瘍マーカーの定義
   (1) 腫瘍マーカーの探求
   (2) 腫瘍マーカーの意義
  B 腫瘍マーカーの臨床的意義
   (1) がんのスクリーニング検査としての意義
   (2) がんの進展度診断における意義
   (3) 治療効果のモニタリング
   (4) 再発の監視
 3 がんの確定診断には何が必要か?
  A 細胞診
   (1) 細胞診で診断可能な疾患
  B 病理組織診断
 4 病気の進行度(病期)はどのように診断するのか?
  A 病期診断の意義
  B 病期分類
  C 病期ごとの治療法選択
 5 最新の診断法
  APET /CT検査
  B 遺伝子検査
   (1) がん特異的変異タンパクの検出
   (2) 遺伝性/家族性がんの遺伝子異常の検出
   (3) 予後の予測のための遺伝子検査
第V章 がんの治療
 1 進歩するがん治療
   (1) 個別化医療の進捗
   (2) 手術方法の進捗
   (3) 放射線療法の進捗
   (4) 支持療法の進捗
 2 がんの手術療法
  A 拡大手術から縮小手術へ
  B 手術療法の実際の方法
  C 手術療法の選択
  D 内視鏡手術の進歩
  E 鏡視下手術の進歩
  F 高齢者に対する手術療法の進歩
 3 がんの放射線療法
  A 姑息的治療法から根治療法へ
  B 放射線療法の進歩
   (1) 定位放射線治療
   (2) 強度変調放射線治療
   (3) 密封小線源治療
   (4) 粒子線治療
  C 緩和治療としての放射線療法
 4 がんの化学療法
  A がん化学療法の基礎
   (1) 抗がん薬開発のきっかけ
   (2) 主な抗がん薬の抗腫瘍メカニズム
    a■ 代謝拮抗薬(ピリミジン拮抗薬)
    b■ プラチナ製剤
    c■ アルキル化薬
    d■ 抗がん抗菌薬(アントラサイクリン系)
  B がん化学療法のメカニズム
   (1) 白血病に対する化学療法
   (2) 固形がんに対するがん化学療法
   (3) がん化学療法が治癒に結び付く理論的条件
   (4) 進行期固形がんに対する化学療法はどこまで効くのか?
    a■ ステージIV期の非小細胞肺がんに対する化学療法
    b■ ステージIV期大腸がんに対する化学療法
  C 術後補助化学療法
   (1) 術後補助化学療法の理論的根拠
   (2) 術後補助化学療法の実際
   (3) 術後補助化学療法の効果
  D 術前化学療法
  E がん化学療法の副作用
   (1) 消化器症状
    a■ 悪心・嘔吐
    b■ 下痢
   (2) 骨髄抑制
    a■ 抗がん薬による骨髄抑制
    b■ 顆粒球減少時の感染リスクと対策
   (3) 脱毛,皮膚症状
    a■ 脱毛
    b■ 手足症候群
    c■ 爪障害
   (4) 神経症状
   (5) 薬剤性間質性肺炎(肺障害)
   (6) 心毒性
   (7) 肝障害
    a■ 直接の肝細胞障害
    b■ ウイルス肝炎の活性化
   (8) 腎障害
    a■ 腎への直接作用
    b■ 腫瘍崩壊症候群
    c■ 腎障害の予防
  F 抗がん薬耐性
   (1) 細胞膜の変化,薬剤の膜輸送機構の変化
   (2) 標的酵素,タンパクの増量
   (3) 薬剤代謝の変化による薬剤耐性
   (4) 傷害修復機構,DNA修復の亢進
 5 先端医療
  A 免疫療法
   (1) がんに対する免疫応答
    a■ 放射線照射がん細胞の皮下移植によるがん細胞特異的免疫の誘導
    b■ がん細胞に対する免疫寛容の例
    c■ 低親和性特異的T細胞の存在する可能性
  B 新しい免疫療法
   (1) 抗体療法
   (2) 樹状細胞や活性化リンパ球の移入療法
   (3) ペプチドワクチン
  C 分子標的治療
   (1) 分子標的治療薬の種類
   (2) 分子標的治療薬のメカニズム
   (3) 分子標的治療の効果
第VI章 がんの予防
 1 そもそもがんの予防は可能か?
  A がんの原因
   (1) 化学物質
   (2) 放射線
   (3) たばこ
   (4) 動物のがんが示唆すること
  B 減っている「がん」はあるのか?
  C がんのリスク要因
 2 効率的ながん予防-高リスク要因をもつグループを対象に
  A 高リスクグループ
   (1) ウイルス感染者,ヘリコバクター・ピロリ菌感染者
    a■ 肝炎ウイルス
    b■ ヒトパピローマウイルス
    c■ ヘリコバクター・ピロリ菌
   (2) 喫煙者
   (3) 遺伝子異常,変異をもつ人
   (4) 肥満,やせ体型の人
   (5) 運動不足の人
索引