医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨床医のためのEBMアップグレード【電子版】

森實 敏夫 (著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-73893-4
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
240ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,860 (本体¥4,500+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-13893-2
印刷版発行年月
2002/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
148 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

エビデンスとは何か? エビデンスを探し,そのレベルを評価するにはどうしたらよいか? またエビデンスを生み出すには何が必要か? 最良の医療を提供し,臨床上のさまざまな問題に科学的にアプローチするために不可欠な情報収集法,論文の批判的吟味,研究デザインまでを詳述。プロフェッショナルにこそ求められるEBM実践書。

目次

I 何のために学ぶのか
 実世界とモデル
 情報と知識
 Three Loop Model(3つの輪のモデル)
 医学の進歩は不可避である
 Evidence-based Medicine(EBM)
 よりよい医療を提供する義務
 医学の進歩に貢献する義務
 定型化されたプロトコールとテーラー・メイド医療
II 医学情報へのアクセス
 図書館
 インターネット
 デジタル図書館
 ガイドライン
 学会・研究会
III 知識Knowledgeを得る
 なぜ批判的吟味が必要か
 論文の何を批判的吟味するか
 妥当性の定量化
 Systematic Review
 メタアナリシス
 レビューの妥当性のチェック
 コンセンサスの形成
IV 研究する
 新しいことを発見するとは
 倫理規定と国際的な流れ
 研究の進め方
 知識を作り出すことについて