医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

医療におけるヒューマンエラー 第2版【電子版】

なぜ間違える どう防ぐ

河野 龍太郎 (著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-61937-0
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
200ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,024 (本体¥2,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-01937-8
印刷版発行年月
2014/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
78 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

なぜ医療事故は減らないのか。それは、事故の見方・考え方が間違っているから。本書では、事故の構造、ヒューマンエラー発生のメカニズム、人間に頼らない対策の立て方を、心理学とヒューマンファクター工学をベースに解説。さらに、人間の行動モデルからエラー行動を分析するImSAFERを紹介する。医療事故のリスク低減のために、事故の見方・考え方を変える1冊。

目次

第I部 ヒューマンエラーの考え方 医療事故を捉える
 1 医療における問題点
  医療システムにおける管理の問題
  インシデント収集における問題点
 2 ヒューマンエラー研究のきっかけ
  航空管制官時代の経験
  エラー発生の“後”
 3 これまでの考え方とエラー発生のメカニズム
  ヒューマンエラーのこれまでの考え方
  エラーはなぜ減らないか
  ヒューマンエラー発生メカニズム
  ヒューマンエラーは「結果」である
 4 エラーを誘発しやすい環境
  モードというもの
  ナチュラルマッピング
  類似機器の危険性
  表示の危険性
  まず,ヒューマンエラーを誘発する環境がある
 5 エラーに関係のある人間の特性
  生理学的特性
  認知的特性
  社会心理学的特性
  人間特性を考慮したシステム設計
 6 ヒューマンファクター工学 エラー防止の強力な味方
  ヒューマンファクター工学の背景
  ヒューマンファクター工学の説明モデル
  人間中心のシステム構築
  PmSHELLモデル 医療用ヒューマンファクター工学の説明モデル
  事故の構造
 7 ヒューマンエラー対策の戦略と戦術
  安全は存在しない
  エラーの発生防止とエラーの拡大防止
  戦術的エラー対策の考え方
   STEP I:危険を伴う作業遭遇数の低減
   STEP II:各作業におけるエラー確率の低減
   STEP III:多重のエラー検出策
   STEP IV:被害を最小とするための備え
  エラー対策の発想手順と具体例
   エラー対策
   (1):やめる(なくす)
   (2):できないようにする
   (3):わかりやすくする
   (4):やりやすくする
   (5):知覚能力を持たせる
   (6):認知・予測させる
   (7):安全を優先させる
   (8):できる能力を持たせる
   (9):自分で気づかせる
   (10):検出する
   (11):備える
  理に適ったエラー防止策
 8 安全なシステムとは
  安全なシステム構築の条件
  医療システムの特徴と問題点
  医療システムの安全性向上のために
  医療の安全をシステムで考える

第II部 ヒューマンエラー事象分析手法 医療事故を防止する
 9 分析手法の基礎
  分析の前提となる基礎的な考え方
  背後要因の探り方
 10 ImSAFER分析手順
  ImSAFERの特徴
  事例
  分析の事前準備
  分析手順
   手順1:時系列事象関連図の作成
   手順2:問題点の抽出
   手順3:背後要因の探索(レベル別)
   手順4:考えられる改善策の列挙
   手順5:実行可能な改善策の決定
   手順6:改善策の実施
   手順7:実施した改善策の評価

   付録1 どうしても時間がないとき → QuickSAFER
   付録2 対策を効率よく推定するために → 背後要因探索のパターン化

「おわりに」に代えて
 「医療事故は必ず起こる!」
 医療のリスクを少しでも低減するために,国民全体で考えましょう

索引