医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

院内教育プログラムの立案・実施・評価 第2版【電子版】

舟島 なをみ (監)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-62395-7
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
388ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,104 (本体¥3,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-02395-5
印刷版発行年月
2015/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
48 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

就職先の病院を決める際に多くの新人看護師が重視する「院内教育の充実度」。本書は、その企画・実施・評価に携わる看護職者に必要な知識を開発・整理。病院で働く看護職者のニードを根拠を持って測定できる「学習ニードアセスメントツール」「教育ニードアセスメントツール」を臨床看護師用のほか、助産師、教育担当者、実習指導者、看護師長用に新たに開発。研修過程の評価尺度とその活用ガイドや研修事例も追加した。

目次

第1章 看護師とそのキャリア・ディベロップメント
  I 看護職者が学習を継続しなければならない理由
  II 看護継続教育とその必要性
  III 看護継続教育と看護職者のキャリア・ディベロップメント
  IV 看護職者のキャリア・ディベロップメントと院内教育

第2章 院内教育プログラム立案・実施・評価に必要な基礎知識
  I 院内教育の定義
  II 院内教育プログラム立案に必要な基礎知識
  III 院内教育プログラムの展開に必要な基礎知識
  IV 日本型看護職者キャリア・ディベロップメント支援システム活用に必要な基礎知識

第3章 教育ニード・学習ニードの診断結果に基づく教育プログラムの展開
 A 教育ニード優先型プログラムの展開
  I 教育ニード優先型プログラムの展開に必要な基礎知識
  II 教育ニード優先型プログラム展開の実際-Y病院の試み-
 B 学習ニード優先型プログラムの展開
  I 学習ニード優先型プログラムの展開に必要な基礎知識
  II 学習ニード優先型プログラム展開の実際-H病院の試み-

第4章 研修計画の作成と授業の展開
  I 新人看護師の指導を担当するプリセプター養成を目的とした研修
  II 勤務帯リーダーとしての能力向上を目的とした研修
  III 患者の安全確保を目的とした研修

第5章 院内教育プログラムの展開に活用可能な測定用具
 A 看護師の学習ニード・教育ニードを測定する
  I 学習ニードアセスメントツール-臨床看護師用-
  II 教育ニードアセスメントツール-臨床看護師用-
 B 助産師の学習ニード・教育ニードを測定する
  I 学習ニードアセスメントツール-助産師用-
  II 教育ニードアセスメントツール-助産師用-
 C 院内教育担当者の学習ニード・教育ニードを測定する
  I 学習ニードアセスメントツール-教育担当者用-
  II 教育ニードアセスメントツール-教育担当者用-
 D 実習指導者の学習ニード・教育ニードを測定する
  I 学習ニードアセスメントツール-実習指導者用-
  II 教育ニードアセスメントツール-実習指導者用-
 E 看護師長の学習ニード・教育ニードを測定する
  I 学習ニードアセスメントツール-看護師長用-
  II 教育ニードアセスメントツール-看護師長用-
 F 研修を測定する
  I 研修過程評価スケール-院内教育用-

用語解説

付録
 1 使用許諾手続きの流れ
 2 測定用具別問い合わせ先

索引