医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨床の詩学【電子版】

春日 武彦 (著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-61334-7
電子版発売日
2016/06/20
ページ数
336ページ
 判型
四六変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,944 (本体¥1,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-01334-5
印刷版発行年月
2011/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※パソコン対応(WEBブラウザによるアクセス参照)は2017年7月上旬予定
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
12 MB以上
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

患者が何気なく洩らした言葉、医療者が捨て鉢につぶやいた言葉が、行き詰まった事態をごろりと動かすことがある。現場で働く者なら誰でもが知っているそんな《臨床の奇跡》を、手練れの精神科医が祈りを込めて書き留める。医療者を深いところで励ます、意外で、突飛で、切実な言葉のコレクション。

目次

序 わたしが精神科医でいられる理由

I 臨床の詩学
 苦戦中
 ありありとしたイメージ
 やさしい心
 制御不能
 ちっぽけな光景
 不意の言葉
 怪談
 木と木々
 救いの言葉
 決壊
 演歌的
 パンの断面とミルクティー

II 辺境の作法
 「精神科」というところ
 「境界性パーソナリティ障害者」、この困った人たち
 「反社会性パーソナリティ障害者」を忌み嫌うことは医療者として恥なのか
 「躁病患者」を前にして腹立たしさを覚えるということ
 「うつ病患者」の頭の中を知ると取るべき対応が見えてくる
 「クレーマー」を生み出す言動、生み出さない言動
 「家族」、歪んだ人の再生産装置

あとがき