医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

感染症最新の治療2016-2018【電子版】

藤田 次郎 (編)

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-25546-7
電子版発売日
2016/07/11
ページ数
367ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥9,720 (本体¥9,000+税8%)

特記事項
この電子版は一部書体が底本(紙媒体の書籍)と異なって見える場合があります。
印刷版ISBN
978-4-524-25832-1
印刷版発行年月
2016/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
88 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

最新情報と治療方針を整理し、簡潔にまとめた「最新の治療」シリーズの感染症版。巻頭トピックスでは、「鳥インフルエンザとパンデミックインフルエンザ」「MERSコロナウイルス」「新規バイオマーカー:プロカルシトニン、プレセプシン」などの注目テーマを取り上げた。診断や管理についての基本的事項、主な臓器別の感染症、多剤耐性菌・院内感染菌への対応など簡潔に解説し、一冊で感染症の“いま”がわかる。

目次

【内容目次】

Ⅰ 巻頭トピックス
 1 エボラ出血熱
 2 デングウイルス感染症
 3 鳥インフルエンザとパンデミックインフルエンザ
 4 MERSコロナウイルス
 5 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)
 6 敗血症(sepsis)
 (コラム)新しいsepsis,septic shockの定義と臨床的クライテリア
 7 カルバペネム耐性(カルバペネマーゼ産生)腸内細菌科細菌感染症
 8 新規バイオマーカー:プロカルシトニン,プレセプシン
 9 チクングニア熱
 10 パラインフルエンザウイルス感染症
 11 RSウイルス感染症
 12 ヒトメタニューモウイルス感染症

Ⅱ 感染症の基本的治療方針
 1 感染症診療の考え方
 2 抗菌薬適正使用
 3 エンピリック治療,de-escalation

Ⅲ 感染症診断の基本
 1 不明熱への対応
 2 血液培養の考え方
 3 迅速検査の使い方
 4 グラム染色とその他の染色法
 5 特殊培養が必要な微生物と注意点
 6 検体提出の注意点
 7 薬剤耐性検査の見方
 8 ブレイクポイントの考え方
 9 胸部画像診断の活用法

Ⅳ 医療手技に関連する感染症
 1 カテーテル関連血流感染
 2 人工呼吸器関連感染症
 3 カテーテル関連尿路感染症
 4 手術部位感染(SSI)

Ⅴ 免疫不全患者における感染症
 1 糖尿病患者における感染症
 2 癌患者における感染症
 3 膠原病・リウマチ性疾患患者における感染症
 4 HIV患者における感染症

Ⅵ 主な臓器別感染症
 A 中枢神経感染症
  1 髄膜炎
  2 脳膿瘍,硬膜外膿瘍
  3 急性脳炎
 B 眼感染症
  1 眼感染症
 C 口腔内感染症
  1 口腔内感染症
 D 耳鼻科咽喉科感染症
  1 急性中耳炎
  2 副鼻腔炎
  3 咽頭・扁桃炎
  4 扁桃周囲膿瘍,咽後膿瘍
 E 循環器感染症
  1 感染性心内膜炎
  2 心筋炎,心膜炎
 F 呼吸器感染症
  1 Lemierre症候群
  2 急性喉頭蓋炎
  3 市中肺炎
  4 院内肺炎
  5 医療・介護関連肺炎(NHCAP)
  6 誤嚥性肺炎
  7 インフルエンザ
  8 肺膿瘍,膿胸
  9 慢性気道感染症および急性増悪
  10 ニューモシスチス肺炎
  11 肺真菌症
 G 消化器感染症
  1 腸管感染症(細菌性,ウイルス性,原虫性)
  2 細菌性腹膜炎
  3 胆道系感染症
  4 重症急性膵炎(膵壊死部感染)
 H 皮膚軟部組織感染症
  1 Fournier症候群,Fournier壊疽
  2 伝染性膿痂疹(とびひ)
  3 蜂窩織炎
  4 壊死性筋膜炎
  5 ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群
 I 骨・関節感染症
  1 人工関節周囲感染
  2 化膿性脊椎炎
  3 糖尿病性足感染症(diabetes foot infection)
 J 泌尿器・生殖器感染症
  1 膀胱炎
  2 腎盂腎炎
  3 無症候性細菌尿
  4 急性前立腺炎,急性精巣上体炎
 K 産科感染症
  1 妊娠中,分娩後に認められる感染症
 L 婦人科感染症
  1 骨盤内炎症性疾患
 M 性感染症
  1 淋菌感染症
  2 性器クラミジア感染症
  3 性器ヘルペス
 N 母子感染症
  1 先天性風疹症候群
  2 先天性サイトメガロウイルス感染症
  3 新生児ヘルペス
  4 B型肝炎ウイルス感染症
  5 先天性トキソプラズマ症
 O 特殊なウイルス感染症
  1 HIV感染症
  2 HTLV-1感染症
 P 抗酸菌症
  1 結核
  2 非結核性抗酸菌症

Ⅶ 多剤耐性菌・院内感染菌への対応
 1 メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)
 2 ペニシリン耐性肺炎球菌(PRSP)
 3 バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)
 4 多剤耐性淋菌(MDRNG)
 5 多剤耐性緑膿菌(MDRP)
 6 β-ラクタマーゼ非産生アンピシリン耐性(BLNAR)インフルエンザ菌
 7 基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ(ESBL)産生菌
 8 メタロ-β-ラクタマーゼ(MBL)産生菌
 9 多剤耐性アシネトバクター(MDRA)
 10 マクロライド耐性マイコプラズマ
 11 Clostridium difficile感染症
 12 侵襲性カンジダ症

Ⅷ 感染予防策
 A 感染予防策の基本
  1 感染予防策の基本
 B ワクチン
  1 小児用ワクチン
  2 成人用ワクチン

Ⅸ 新規抗微生物薬のトピックス
 1 delamanid
 2 favipiravir
 3 asunaprevir
 4 metronidazole
 5 colistin

索引