医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

コメディカルのための邪道な脳画像診断養成講座【電子版】

粳間 剛 (原作)

医師・医学博士

出版社
三輪書店
電子版ISBN
978-4-89590-573-2
電子版発売日
2016/08/01
ページ数
110ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,944 (本体¥1,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-89590-567-1
印刷版発行年月
2016/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
250 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

治療や支援で脳のどこが良くなったの? と患者さんや家族に尋ねられたら、答えられますか?

本講座の目標は、
●脳の異常所見は画像でどのように見えるのか、
●それぞれの脳疾患により、どのように正常な脳は減るのか、
●羅患後の患者さんに、正常な脳がどれくらい残っているのか、
をCT・MRI脳画像で理解・評価できるようになることです。

脳画像上で正常な脳の量を見積もれるようになれば、患者さんのADLや自己管理能力、社会復帰のための潜在能力をアセスメントできるようになります。

【本書の特長】
★漫画中心で解説されているから、楽しく学べる!
★各年代別の正常CT・MRI画像を掲載!

臨床で持ち歩いて患者さんの脳画像と比べてみよう!

目次

本編
養成講座第 1回 量の原理とはッ!
養成講座第 2回 MRIの白と黒ッ!
養成講座第 3回 CTの白と黒ッ!
養成講座第 4回 認知症の白と黒ッ!
養成講座第 5回 脳血管障害①梗塞編!
養成講座第 6回 脳血管障害②出血編!
養成講座第 7回 脳血管障害③くも膜下出血編!
養成講座第 8回 脳外傷の白と黒ッ!
養成講座第 9回 脳腫瘍の白と黒ッ!
養成講座第10回 水頭症と脳ヘルニアの白と黒ッ!
養成講座第11回 Treatable dementiaとアイウエオチップスッ!
養成講座第12回 CT/MRIで白黒つかないモノ!:(非器質性)精神疾患編

特別編
養成講座第1.5回 量の原理の補足ッ!
養成講座第2.5回 正常MRIの白と黒ッ!
養成講座第3.5回 正常CTの白と黒ッ!
養成講座第5.5回 MRI―DWIの白と黒ッ!
養成講座第7.5回 MRAの白と黒ッ!
養成講座第8.5回 MRI T2*強調画像とSWIの白と黒ッ!

疾患各論編
脳外傷と量の原理、その事例
 脳外傷例における正常脳の量と社会生活能力との関係
 36歳男性の脳外傷(びまん性軸索損傷)例:日常生活に見守りを要するケース
 25歳男性の脳外傷例:元の職場へ復職できたケース
認知症と量の原理、その事例(変性疾患例)
 変性疾患例における正常脳の量と社会生活能力との関係
 81歳男性のアルツハイマー病(認知症発症から3年の経過で全介助になった例)
 72歳男性の前頭側頭型認知症(軽度認知機能障害+進行性非流暢性失語症例)
脳血管性認知症と量の原理、その事例
 脳血管性認知症例における正常脳の量と社会生活能力との関係
 60歳女性の脳血管性認知症(MCI-mild VaD):術後廃用から回復したケース
 72歳男性の脳血管性認知症(中等度):回復に乏しかったケース
脳梗塞・脳出血(巣症状型)と量の原理、その事例
 脳梗塞(巣症状型)例における正常脳の量と社会生活能力との関係
 56歳女性(発症時)の脳梗塞7年の経過(右片麻痺が残るもADL自立を維持)
 27歳男性(発症時)の脳出血の経過(左片麻痺が残るも生活自立、復職は困難)
脳腫瘍と量の原理、その事例
 脳腫瘍(巣症状型)例における正常脳の量と社会生活能力との関係
 38歳男性の脳腫瘍例:巣症状があるも早期に復職できたケース
 23歳男性の脳腫瘍例:治療関連の全脳萎縮があり就労不可だったケース
低酸素性脳症と量の原理、その事例
 低酸素性脳症における正常脳の量と社会生活能力との関係
 49歳男性の一酸化炭素中毒による遅発性低酸素脳症:早期復職できたケース
 40歳女性の心肺停止後低酸素脳症(ADL全介助例)
量の原理が使えない事例①くも膜下出血・水頭症・脳ヘルニアなどの圧損傷例
 くも膜下出血+水頭症における正常脳の量と社会生活能力との関係
 73歳女性の脳外傷後の水頭症例(本編養成講座第10回と同一症例)
量の原理が使えない事例②精神疾患
 精神疾患全般における正常脳の量と社会生活能力との関係
 43歳男性のうつ病例:復職困難なケース(外傷歴なし、成長発達歴問題なし)
 36歳男性の注意欠如多動症例:常勤困難なケース(外傷歴なし、成長発達歴問題あり)