医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

異端の看護教育【電子版】

中西睦子が語る

中西 睦子 (著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-62210-3
電子版発売日
2016/08/15
ページ数
240ページ
 判型
四六
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,376 (本体¥2,200+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-02210-1
印刷版発行年月
2015/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
16 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

きれいごとで塗り固めたものには嘘がある。しかし、ナースたちはイノセント(無知)であるように教育されていて、現実が見えない、現実に気づかない。事実に目を向けられるナースを育てることはできないのだろうか。本書では、著者中西睦子氏がこれまでの看護教育で隠されていた部分を明確にするため、鍵となる視点を提示する。

目次

まえがき

第1章 教養とはバランス感覚である
第2章 看護はいまだ自画像を描けていない
第3章 ナースをダメにしたのは看護教育である
第4章 生意気なナースを育てなさい
第5章 臨床の現実に合わせるような実習ではいけない
第6章 看護の大理論はやがていらなくなる
第7章 研究の結果そのものには期待していない
第8章 目覚めた人がものを言う態勢をどうつくるか
第9章 「敵は誰か」を見失ってはいけない
第10章 看護部長にスニーカーとボクシングのグローブを
第11章 看護に自由と遊びを

あとがき