医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

生きるための緩和医療【電子版】

有床診療所からのメッセージ

伊藤 真美 (他編)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-60653-0
電子版発売日
2016/09/19
ページ数
304ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,376 (本体¥2,200+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-00653-8
印刷版発行年月
2008/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※パソコン対応(WEBブラウザによるアクセス参照)は2017年7月上旬予定
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
12 MB以上
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

2007年施行の「がん対策基本法」では、緩和医療について初めて「早期から適切に行われるようにすること」が謳われた。「緩和医療=ターミナルケア」という図式から離れ、「死ぬまで生きる」患者を支えるために真に必要な医療とは何か。有床診療所での緩和医療を積極的に行ってきた先駆者たちが、真に患者のニーズにかなう“緩和医療のかたち”を問う。

目次

はじめに

第1章 はやしやまクリニック 希望の家(兵庫)
 【インタビュー】梁 勝則・松本京子
第2章 野の花診療所(鳥取)
 【インタビュー】徳永 進
第3章 堂園メディカルハウス(鹿児島)
 【インタビュー】堂園晴彦・堂園文子
第4章 玉穂ふれあい診療所(山梨)
 【インタビュー】土地邦彦・長田牧江
第5章 花の谷クリニック(千葉)
 【インタビュー】伊藤真美 <インタビュアー 兒玉 末>
第6章 有床診療所の現状とこれからの緩和医療

おわりに
編集後記