医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨床工学 プラクティカル・フルコース【電子版】

川崎 忠行 (編集)

出版社
メジカルビュー社
電子版ISBN
978-4-7583-7112-4
電子版発売日
2016/12/12
ページ数
608ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,344 (本体¥6,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7583-1494-7
印刷版発行年月
2015/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
204 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

臨床工学技士(CE)の業務は専門化が進み,各科の機器業務に特化していく流れはあるが,それぞれの医療機関規模や機能によって著しい差異もある。
本書は,各治療分野の多様化・高度化した最新の医療機器の構造と原理,使用方法から,臨床における治療適応,機器の管理まで,CEが関わる機器と臨床現場で行う業務を網羅。『臨床工学技士基本業務指針2010』『同業務別業務指針2012』に準拠し,CEに必要な基礎知識から実践的な技術までを,写真や図版・イラストを多数盛り込み細部までわかりやすく解説。『医療機器安全管理指針(2013年)』も意識した構成で,病院で扱う主要な医療機器についての参考書としても使用できる一冊。

目次

Chapter Ⅰ 呼吸治療領域
 1 人工呼吸治療の適応
 2 人工呼吸治療に使用される機器
 3 人工呼吸管理の実際
 4 人工呼吸管理の注意事項
 5 その他治療と適応
 6 人工呼吸管理中の吸入治療
 7 吸入治療の実際
 8 在宅呼吸治療の適応
 9 在宅呼吸療法と臨床工学技士の役割
 10 在宅人工呼吸治療に使用される機器・器材
 11 在宅呼吸療法の実際
 12 在宅呼吸治療管理の注意事項

Chapter Ⅱ 血液浄化治療領域
 1 維持透析治療の適応と選択
 2 在宅血液透析の適応と選択
 3 急性血液浄化法の適応と選択
 4 アフェレシスの適応と選択

Chapter Ⅲ 手術室領域
 1 手術室における臨床工学技士の役割と実際
 2 人工心肺装置の構造と原理
 3 手術治療機器
 4 各種監視装置および各種測定機器業務の実際
 5 手術室業務の注意事項
 6 周術期患者管理に使用される機器とその業務

Chapter Ⅳ 集中治療領域
 1 集中治療における臨床工学技士の役割
 2 集中治療に使用される機器
 3 集中治療業務の実際
 4 集中治療業務の注意事項

Chapter Ⅴ 心臓カテーテル・不整脈治療領域
 1 心臓カテーテル検査および治療の適応
 2 不整脈治療の適応
 3 カテーテルアブレーション治療の適応
 4 不整脈診断・治療後における心電図モニタリング
 5 デバイス外来と遠隔モニタリングシステム

Chapter Ⅵ 高気圧酸素治療領域
 1 高気圧酸素治療の適応
 2 高気圧酸素治療装置の構造と原理
 3 高気圧酸素治療業務の実際
 4 高気圧酸素治療業務の注意事項

Chapter Ⅶ 医療機器管理業務
 1 医療機器管理室の役割
 2 医療機器管理の実際
 3 医療機器安全管理の実際
 4 医療機器に関する情報管理
 5 「臨床工学技士に関する実態調査2013 施設アンケート」結果