医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

輸液カテーテル管理の実践基準【電子版】

輸液治療の穿刺部位・デバイス選択とカテーテル管理ガイドライン

日本VADコンソーシアム (編集)

出版社
南山堂
電子版ISBN
978-4-525-98226-3
電子版発売日
2017/01/23
ページ数
46ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,296 (本体¥1,200+税8%)

印刷版ISBN
978-4-525-50111-2
印刷版発行年月
2016/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
12 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

近年,輸液治療は急速に発達し,新たな輸液手技の使用が拡大している.また,看護師による静脈確保が一般化するなど,チーム医療の進展も見られる. CDCガイドライン, INS(米国輸液看護協会)の基準や,近年発表された新たなエビデンスをもとに,日本特有の医療環境やチーム医療の状況を踏まえながら輸液カテーテル管理の実践基準を作成した.

目次

ガイドライン
 Ⅰ ガイドラインの目的
 Ⅱ 対象者
 Ⅲ ガイドラインポリシー
 Ⅳ エビデンスレベルと推奨度
 Ⅴ 用語の定義
 Ⅵ 推奨基準
   1 輸液治療に必要な能力・教育基準
   2 輸液治療での感染管理基準
   3 輸液治療での安全管理基準
   4 静脈留置カテーテル選択基準
   5 静脈留置カテーテル挿入部位の選択基準
   6 静脈留置カテーテル挿入方法の基準
   7 静脈留置カテーテルの管理・抜去基準
 Ⅶ 文 献

資 料
 1 ガイドラインの作成の過程
 2 輸液カテーテル類の挿入方法
 3 中心静脈カテーテル挿入部の皮膚消毒
 4 カテーテル留置に伴う合併症,有害事象
 5 配合変化が起こりやすい主な注射剤
 6 デバイス選択アルゴリズム