医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

速習! 肺がん免疫療法【電子版】

~基本理解と適切使用のために~

瀧川 奈義夫 (編)

川崎医科大学総合内科学4

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-25294-7
電子版発売日
2017/02/13
ページ数
98ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,024 (本体¥2,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-25147-6
印刷版発行年月
2016/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
28 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

話題の肺がん治療における「免疫チェックポイント阻害薬」の“今”がわかる。基本知識から臨床応用までが簡潔にまとまっており、短時間で必要な情報を速習できる。どのような場合に使用可能か、有害事象の対応、使用時の注意点、今後の展望などをQ&A形式で解説。既存の抗がん剤治療とは異なる経過をたどった症例など、エキスパートの経験に基づいたケースファイルも収載。

目次

【内容目次】
緒言:肺がん免疫療法の現況
Chapter1 免疫チェックポイント阻害薬の知識整理
Chapter2 抗PD-1抗体臨床実践のためのQ&A
 1 適応(治療開始前)
  Question1.使用する適切な病期,適切なPSは?
  Question2.組織型による違いはあるか?EGFR/ALK陽性肺がんではどうか?
  Question3.既治療でいつ使用するとよいか(2nd line,3rd line,あるいは4th line)?
  Question4.高齢者での使用は?
  Question5.間質性肺炎を有する場合でも使用可能か?
  Question6.糖尿病あるいは甲状腺疾患を有する場合でも使用可能か?
  Question7.その他の自己免疫疾患を有する場合でも使用可能か?ステロイド使用中はどうか?
 2 有害事象対策
  Question8.外来で注意すべきこと,ルーチンで検査すべきことは?
  Question9.呼吸器症状が出現したときの対処法は?
  Question10.消化器症状が出現したときの対処法は?
  Question11.皮膚症状が出現したときの対処法は?
  Question12.甲状腺機能異常,副腎機能低下時の対処法は?
  Question13.糖尿病が発症したときの対処法は?
  Question14.神経・精神症状が出現したときの対処法は?
  Question15.肝機能悪化時の対処法は?
  Question16.眼症状が出現したときの対処法は?
  Question17.造血障害が出現したときの対処法は?
 3 併用療法(主な臨床試験・治験を中心に)
  Question18.化学療法との併用療法の可能性は?
  Question19.免疫療法との併用療法の可能性は?
  Question20.分子標的治療薬との併用療法の可能性は?
  Question21.術前・術後の使用は?
  Question22.放射線治療との併用療法の可能性は?
Chapter3 肺がん免疫療法ケースファイル:エキスパートの治療法
 ・報告例からみる治療のポイント
 Case1.既存病巣には効いているが新規病変が出現した例
 Case2.heavy treatment後の有効例
 Case3.抗PD-1抗体中止後も効果が持続した例
 Case4.初期増悪後に効果が認められた例
 Case5.EGFR遺伝子変異を有する例