医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

免疫チェックポイント阻害薬の治療・副作用管理【電子版】

佐藤 隆美 (編集)

トーマス・ジェファーソン大学腫瘍内科教授

出版社
南山堂
電子版ISBN
978-4-525-98215-7
電子版発売日
2016/10/31
ページ数
251ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,456 (本体¥3,200+税8%)

印刷版ISBN
978-4-525-42171-7
印刷版発行年月
2016/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
42 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

がん治療に新たな選択肢をもたらした免疫チェックポイント阻害薬であるが,従来の薬剤と異なり,その副作用はいつどの患者に起きるか予測が難しく,早期対応が最重要になる.本書は米国で免疫チェックポイント阻害薬を日常的に使用している腫瘍内科医が中心となり,臨床医が知っておきたい臨床効果と副作用管理の基本をわかりやすく解説した.

目次

第Ⅰ章 がん免疫療法の基本
 1.がん免疫療法の研究・開発の歴史
 2.がん細胞に対する免疫応答
 3.がん免疫療法の種類
 4.免疫チェックポイント阻害薬の種類と作用機序
 5.腫瘍微小環境と免疫療法

第Ⅱ章 免疫チェックポイント阻害薬の臨床開発の動向
 1.米国における臨床開発の動向
 2.日本における臨床開発の動向

第Ⅲ章 免疫チェックポイント阻害薬の適応と治療
 1.悪性黒色腫
 2.肺がん
 3.腎細胞がん
 4.乳がん
 5.消化器がん
 6.血液腫瘍
 7.効果が期待されるその他のがん

第Ⅳ章 免疫チェックポイント阻害薬の副作用管理
 1.副作用管理においておさえておくべきポイント
 2.注意すべき副作用とその管理

第Ⅴ章 免疫チェックポイント阻害薬の治療効果判定と治療効果予測
 1.免疫チェックポイント阻害薬の放射線学的治療効果判定
 2.抗PD-1/PD-L1抗体薬の効果予測マーカーとしてのPD-L1免疫染色

第Ⅵ章 免疫チェックポイント阻害薬と他の治療方法との併用
 1.放射線治療との併用
 2.局所療法との併用 ─ 腫瘍溶解性ウイルス療法
 3.薬物療法(化学療法薬,分子標的薬)との併用
 4.他のがん免疫療法との併用 ─ がんワクチン,養子免疫療法

日本で承認・申請されている免疫チェックポイント阻害薬一覧

索 引