医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

泌尿器病理診断トレーニング【電子版】

清水 道生 (編)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-62849-5
電子版発売日
2017/03/13
ページ数
328ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥12,960 (本体¥12,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-02849-3
印刷版発行年月
2016/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
304 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

近年、外科病理の重要性が再認識されつつある。臨床においては、病理診断は最終診断であり、それに携わる者には広範な知識と判断力が要求される。本書では、泌尿器科臨床でよく遭遇する疾患や、頻度はそれほど高くないが重要な疾患について、病理所見とそのポイントをわかりやすく解説する。

目次

I.腎臓(症例1~22)
II.腎盂・尿管・膀胱(症例23~43)
III.前立腺・精嚢(症例44~62)
IV.精巣(症例63~71)
V.陰茎・陰嚢(症例72~75)