医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

漢方一問一答【電子版】

99の素朴なギモンに答えます!

田中 耕一郎 (他著)

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/01/01
ページ数
200ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,916 (本体¥2,700+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-06920-6
印刷版発行年月
2017/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
60 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

そもそも漢方ってなに?東洋医学と西洋医学の違いは?といった基本的なギモンから,日常診療で迷う漢方薬処方のギモンまで,初学者が知りたい99の質問に答えます!

目次

Q1 そもそも漢方って何ですか?
Q2 東洋医学を学ぶ意味は何ですか?
Q3 東洋医学の理論は面倒くさそうですが,必要ですか?
Q4 東洋医学は難しいですか?
Q5 東洋医学と西洋医学の違いは何ですか?
Q6 「漢方をやるには古典を読め」って本当ですか?
Q7 「証」って何ですか?
Q8 虚証,実証とは何ですか?
Q9 漢方でも「熱」は体温計で測るのですか?
Q10 陰陽って,結局何のことですか?
Q11 陰陽五行とは何ですか?
Q12 気は存在するのでしょうか?
Q13 血とは何ですか?
Q14 水とは何ですか?
Q15 気虚,気鬱とは何ですか?
Q16 瘀血とは何ですか?
Q17 「血虚」とは貧血のことですか?
Q18 水毒とは何ですか?
Q19 東洋医学の五臓六腑は何を指していますか?
Q20 東洋医学の肝と肝臓は同じでしょうか?
Q21 経絡,ツボとは何ですか?
Q22 東洋医学で体質を考慮するとはどういうことですか?
Q23 体質とは具体的に何ですか?
Q24 漢方薬を飲んでも全然効きません.薬が体質に合わないのですか?
Q25 日本漢方と中医学,どちらが優れていますか?
Q26 冷え症の正体は?
Q27 インフルエンザは傷寒ですか?
Q28 傷寒論とは何ですか?
Q29 温病って何ですか?
Q30 どうやって証を立てるのでしょうか?
Q31 漢方の四診とは何ですか?
Q32 舌を診ることで何がわかりますか?
Q33 脈で何がわかりますか?
Q34 腹診で何がわかりますか?
Q35 東洋医学の腹診と西洋医学の腹部診察の違いは?
Q36 なぜ日本漢方は腹診を重視するのですか?
Q37 画像診断は望診ですか?
Q38 望診,聞診,問診,切診の結果が一致しないときはどうしますか?
Q39 発汗の有無はなぜ重要なのですか?
Q40 梅雨時,雨天時に体調が悪くなるのはなぜですか?
Q41 数ある症状で何に一番注目すればよいですか?
Q42 東洋医学では精神症状をどのように診察しますか?
Q43 現代医学の病名を参考にしないのですか?
Q44 良薬は口に苦し,というのは本当ですか?
Q45 生薬はなぜ混ぜて使うのですか?
Q46 サプリメントやハーブも漢方ですか?
Q47 生薬を用いなくても,一成分を抽出して薬にして用いればよいのではないでしょうか?
Q48 煎じ薬とエキス製剤はどこが違うのでしょうか?
Q49 漢方薬の名前はなぜ○○湯というのですか?
Q50 同じ名前の漢方薬でもメーカーによって中身が異なるって本当ですか?
Q51 漢方薬には副作用がないのでしょうか?
Q52 漢方薬は長く飲まないと効かないのでしょうか?
Q53 漢方薬と西洋薬の併用は可能でしょうか?
Q54 漢方薬の腎機能,肝機能への影響はありますか?
Q55 薬膳とは何ですか? 生薬も入っていますか?
Q56 漢方薬はにおいや味にも効果がありますか?
Q57 薬物の「性味」,「帰経」とは何ですか?
Q58 漢方薬に用いられている添加物も体に悪いですか?
Q59 同じ名前のエキス剤でも,メーカーによって効果が違いますか?
Q60 漢方薬にもジェネリックはありますか?
Q61 漢方治療はいつまで続けるのですか?
Q62 小児の服用量はどうやって決めるのですか?
Q63 漢方薬の効果は量に比例しますか?
Q64 漢方薬の作用メカニズムは科学的にどの程度解明されていますか?
Q65 漢方薬の作用に腸内細菌が絡んでいるのですか?
Q66 漢方薬の正しい飲み方はあるのでしょうか?
Q67 漢方薬は必ず空腹時に飲まないと効かないのでしょうか?
Q68 漢方薬はお湯に溶かして飲むのですか?
Q69 乳幼児に漢方薬をうまく飲ませる方法はありますか?
Q70 温薬は温かいまま,涼薬は冷まして,服用するというのは本当ですか?
Q71 漢方薬は上に効かせるなら食後に,下に効かせるなら食前に,服用させるというのは本当ですか?
Q72 漢方治療の得意分野は?
Q73 初めて漢方薬を処方します.何に心がければよいでしょうか?
Q74 東洋医学では最終的にどの方法で薬を選びますか?
Q75 東洋医学では内科と精神科は分かれていないのですか?
Q76 漢方薬にはダイエットにも効果がありますか?
Q77 生理痛,月経前症候群に漢方薬は効きますか?
Q78 妊娠中は漢方薬を飲んでよいですか?
Q79 つわり(悪阻)に漢方薬は効きますか?
Q80 不妊症に漢方がよいというのは本当ですか?
Q81 出産後によい漢方薬はありますか?
Q82 子どもの夜泣きに効く漢方薬はありますか?
Q83 訴えが多い患者にどう対処したらよいでしょうか?
Q84 葛根湯は肩こりの薬ですか? 感冒の薬ではないのですか?
Q85 水太りですが防風通聖散で治療できますか?
Q86 五苓散証とは何ですか?
Q87 漢方薬は2種類混ぜてもよいですか?
Q88 漢方医の手持ちの処方は何種類くらいですか?
Q89 胃切除した患者にも漢方治療はできますか?
Q90 大建中湯を注腸で用いる医師がいますが,正しいのですか?
Q91 生薬は将来不足するのですか?
Q92 食物アレルギーの方に漢方薬は使えますか?
Q93 甘草は危険ですか?
Q94 漢方に劇薬はありますか?
Q95 漢方薬が全く効かない患者への処方はどうすればよいですか?
Q96 漢方の効果は実は「気のせい」ですか?
Q97 漢方薬が癌に栄養を与えてしまうことはありませんか?
Q98 健康保険で処方できる範囲は?
Q99 医師が鍼灸治療をしてもよいのでしょうか?