医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

パーキンソン病 発症機序に基づく治療【電子版】

水野 美邦 (著)

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/01/15
ページ数
300ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,672 (本体¥3,400+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-22880-1
印刷版発行年月
2017/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
22 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

パーキンソン病治療で最優先されるべきなのはL-ドーパである.豊富な自験例の紹介,治療の考え方,文献レビューまで.約半世紀にわたる貴重な診療体験を凝縮した一冊.

目次

1.自験498例の長期成績
 はじめに
 方法 
  1 パーキンソン病の診断
  2 初診時の対応
  3 薬物治療の原則
  4 運動症状に対する薬物治療の原則
   A.L—ドーパ製剤
   B.ドパミンアゴニスト
   C.塩酸セレギリン
   D.抗コリン薬
   E.エンタカポン
   F.ゾニサミド
   G.イストラデフィリン
   H.アマンタジン塩酸塩
   I.ドプス®
  5 非運動症状に対する治療
   A.自律神経症状
   B.感覚障害
   C.睡眠障害
   D.覚醒障害
   E.不安状態
   F.鬱状態
   G.疲労
   H.行動抑制障害
   I.精神症状
   J.認知症
  6 各症状の半定量的解析
  7 推計学的検討
 結果
  1 総数
  2 多変量解析の結果
   A.Hoehn & Yahr重症度
   B.調査時の振戦,固縮,動作緩慢,歩行障害,後方突進
   C.調査時のウェアリングオフ,ジスキネジア
   D.すくみ足,幻覚,認知症
  3 発症からの年数別解析
   A.症例数,男女比,経過年数
   B.初発症状
   C.Hoehn & Yahr重症度
   D.L—ドーパ使用量
   E.L—ドーパ製剤を服用していなかった症例
   F.ドパミンアゴニストの使用量
   G.L—ドーパ製剤,ドパミンアゴニスト以外の抗パーキンソン病の服用者
   H.調査時点での各症状
   I.動作緩慢,歩行障害,後方突進についての発症年度別の重症度
   J.ウェアリングオフ,ジスキネジア,すくみ足,幻覚,認知症
   K.ウェアリングオフ,ジスキネジアの発症からの年数別の重症度
  4 発症年齢別解析
   A.発症年齢別症例数
   B.発症年齢別初発症状
   C.発症年齢別Hoehn & Yahr重症度
   D.発症年齢別L—ドーパの投与量,投与回数
   E.発症年齢別ドパミンアゴニストの使用状況
   F.発症年齢別L—ドーパ,ドパミンアゴニスト以外の併用薬の使用状況
   G.発症年齢別各症状の出現頻度と各症状の重症度
   H.発症年齢別動作緩慢,歩行障害,後方突進の重症度分布
   I.発症年齢別に見たウェアリングオフとジスキネジア
   J.発症年齢別にみたすくみ足,幻覚,認知症
 考察
 まとめ
 文献

2.発症機序に基づく治療の進め方
 運動症状に対する治療の進め方
  1 治療の進め方基本
  2 不安の解消
  3 パーキンソン病の原因
  4 初期の治療,何を使うか
  5 L—ドーパ製剤の用量
  6 L—ドーパ製剤の飲み方の変更―食前投与
  7 MAOB阻害薬またはドパミンアゴニストで治療を始める場合
  8 それ以外の薬物で治療を始める場合
  9 L—ドーパの効果不十分
  10 ウェアリングオフとジスキネジアの発現機序
  11 ウェアリングオフの治療: L—ドーパ製剤の頻回投与
  12 ウェアリングオフの治療: 他の薬物を併用する場合
  13 ジスキネジアが出た場合の処置
  14 すくみ足が出た場合の対応
 非運動症状に対する治療の進め方
  1 自律神経症状
   A.便秘
   B.夜間頻尿
   C.性機能
   D.起立性低血圧・低血圧
   E.食餌性低血圧
   F.むくみ
   G.発汗
  2 感覚障害
   A.嗅覚障害
   B.痛み・しびれ
  3 睡眠障害
   A.入眠障害,中途覚醒
   B.むずむず脚症候群
   C.REM睡眠行動障害(RBD)
   D.睡眠時無呼吸
  4 覚醒障害
  5 不安状態
  6 鬱状態
  7 疲労
  8 行動抑制障害
   A.病的賭博
   B.病的買い物
   C.病的食欲亢進
   D.性欲亢進
   E.薬物濫用
   F.punding
  9 精神症状
   A.幻覚
   B.妄想
   C.興奮・乱暴行為・錯乱・精神症
  10 認知症
 日常生活での注意
  1 家に帰ると急に引きずり歩行になる
  2 1日10分歩く練習をする
  3 2つのことを同時にやると転倒することがある
  4 パーキンソン病ではやっていけないことはない
  5 外に見聞にでかけよう
     文献

3.パーキンソン病治療薬の現状
 L—ドーパ
   A.ウェアリングオフ・ジスキネジア
   B.幻覚
   C.薬物濫用とpunding
   D.精神症
   E.長時間作用型L—ドーパの開発
   F.空腸内L—ドーパ注入
     文献
 抗コリン薬
   A.抗コリン薬の役割
   B.線条体アセチルコリン性ニューロン
   C.ドパミンニューロン障害時の線条体アセチルコリンニューロン
   D.Meynert核と大脳皮質のアセチルコリンニューロン
   E.アセチルコリン受容体ブロッカーの認知機能への影響
   F.アセチルコリン受容体ブロッカーのパーキンソン病への効果
   G.アセチルコリン受容体ブロッカーの副作用
   H.抗コリン薬使用に関する私見
     文献
 モノアミン酸化酵素B阻害薬
  1 セレギリン塩酸塩
   A.L—ドーパ未使用例に対する効果
   B.L—ドーパ使用例に対する効果
   C.維持量の問題
   D.セレギリンと死亡率
   E.すくみ足に対する効果
   F.認知機能に関する影響
   G.血圧に対する影響
   H.選択的セロトニン再取り込み抑制薬(SSRI)との併用
   I.カテコール—O—メチルトランスフェラーゼ阻害薬との併用
   J.セレギリンと核医学
   K.セレギリンと血小板ミトコンドリア
   L.ザイディスセレギリン
   M.パーキンソン病に対するセレギリン使用の私見
  2 ラザベミド
  3 ラサギリン
   A.L—ドーパ未使用例に対する効果
   B.L—ドーパ使用例に対する効果
   C.非運動症状に対する効果
     文献
 ドパミンアゴニスト
  1 プラミペキソール
   A.L—ドーパ未使用例に対する効果
   B.L—ドーパ使用例に対する効果
   C.振戦に対する効果
   D.鬱状態に対する効果
   E.疲労に対する効果
   F.病的賭博に対する影響
   G.認知機能への影響
   H.体重への影響
   I.線条体ドパミントランスポーターへの影響
   J.L—ドーパ血中濃度への影響
   K.他薬物からプラミペキソールへの変換
   L.進行を抑制する効果があるか?
   M.副作用
   N.プラミペキソールに関するまとめ
  2 ロピニロール
   A.L—ドーパ未使用例に対する効果
   B.L—ドーパ使用例に対する効果
   C.睡眠および早朝のオフ症状に対する効果
   D.血中濃度
   E.線条体フルオロドーパ取り込みに対する影響
   F.徐放錠への切り替え
   G.副作用
   H.ロピニロールに関するまとめ
  3 ロチゴチン
   A.L—ドーパ未使用例に対する効果
   B.L—ドーパ使用例に対する効果
   C.睡眠と早朝のオフ症状に対する効果
   D.非運動症状への効果
   E.消化器系副作用に対する効果
   F.心機能への影響
   G.他薬物からの切り替え
   H.疾患の進行に影響を与える効果があるか?
   I.ロチゴチンに関するまとめ
  4 アポモルヒネ
   A.オンオフ,ウェアリングオフに対する効果
   B.腰折れに対する効果
   C.血中濃度
   D.吸入用アポモルヒネ
     文献
 アマンタジン塩酸塩
   A.抗パーキンソン病効果
   B.ジスキネジアに対する効果
   C.すくみ足に対する効果
   D.衝動抑制障害に対する影響
   E.認知機能への影響
   F.PETによる検討
   G.薬物動態
   H.作用機序
   I.副作用
   J.アマンタジン塩酸塩に関するまとめ
   K.その他のグルタメートアンタゴニスト
     文献
 カテコール—O—メチル転移酵素阻害薬
  1 エンタカポン
   A.L—ドーパ血中濃度への影響
   B.臨床効果,ウェアリングオフのある症例
   C.臨床効果 ウェアリングオフのない症例
   D.ジスキネジアに対する影響
   E.その他の検討
   F.スタレボ®
  2 その他のカテコール—O—メチル転移酵素阻害薬
     文献
 ゾニサミド
   A.臨床効果
   B.その他の作用
   C.まとめ
   D.まとめ
     文献
 イストラデフィリン
   A.作用機序
   B.ウェアリングオフのある症例への効果
   C.ウェアリングオフのない症例への効果
     文献
 サフィナミド
     文献

まとめ
索引