医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

苦悩することの希望【電子版】

専門家のサファリングの人類学

浮ヶ谷 幸代 (編著)

出版社
協同医書出版社
電子版ISBN
978-4-7639-9516-2
電子版発売日
2018/03/19
ページ数
294ページ
 判型
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,780 (本体¥3,500+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7639-6023-8
印刷版発行年月
2014/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
16 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

保健医療福祉の専門家本人が抱える、仕事ゆえの苦悩の深層をテーマに取り上げたユニークな論文集。医療現場のフィールドワークをもとにまとめられた医療人類学からの提言。

目次

◆医療専門家の苦悩をいかに解き明かすか?
◆ケアはいつケアとなるか~原サファリングと二次サファリング
◆生活の場からの発想~医療システムと生活知
◆医師の役割意識と苦悩
◆理学療法士のサファリング~専門家と生活者とのはざまで
◆「かかわりの専門職」の体験する苦悩と可能性
◆「ご遺体」は最初の患者である
◆葬儀業の仕事にみる専門家のケアとサファリング~死と葬儀をめぐる職業的機制の観察から
◆現代の対人援助専門職のサファリング~多職種連携のインターフェースに着目して
◆「適度な距離」の模索~医療専門家のサファリングの創造性