医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

ヘルニアの外科【電子版】

柵瀨 信太郎 (監)

聖路加国際病院ヘルニアセンター長

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-24624-3
電子版発売日
2018/04/16
ページ数
456ページ
 判型
A4
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥19,440 (本体¥18,000+税8%)

特記事項
この電子版では、検索機能の結果において索引用語が正確に表示されない場合があります。
この電子版ではサムネイル表示の読み込みに時間がかかる場合があります。
印刷版ISBN
978-4-524-25958-8
印刷版発行年月
2017/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
190 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

「鼠径ヘルニアの手術をみれば、その外科医の能力を推察できる」。多様なヘルニアの病態・生理、複雑な局所解剖とその意義、さまざまな術式の整復理論と手技の実際、合併症対策までを、800点以上の写真・イラストを交えて体系的に著した、わが国におけるヘルニア診療のバイブルが登場。研修医からエキスパートまで、あらゆるステージの外科医にとって必携の一冊。

目次

【内容目次】
第I部 成人のヘルニア
 A 鼠径部ヘルニア
  序章 鼠径部ヘルニアの歴史,解剖,分類と用語
   1.鼠径部ヘルニア手術の歴史
   2.鼠径部の局所解剖
   3.分類
   4.用語
  第1章 鼠径部ヘルニアにおける基礎医学
   1.疫学
   2.生理学・生化学
   3.人工膜の歴史と進化
  第2章 鼠径部ヘルニアの診断
   1.基本的な診断法:問診と身体所見
   2.画像診断
   3.sporstman’s groin(groin disruption,sports hernia,Gilmore’s groin)
   4.注意すべき鑑別疾患
  第3章 鼠径部ヘルニア(鼠径・大腿ヘルニア)手術
   1.手術適応
   2.鼠径部切開法
    a.組織縫合法
    b.Lichtenstein法
    c.メッシュプラグ法
    d.Kugel法
    e.Bilayer patch法
    f.ダイレクトクーゲル法(TIPP)
    g.前方到達法および腹膜前到達法による腹膜前修復法
    h.女性鼠径部ヘルニアに対する手術
    i.そのほかの新しい術式
   3.腹腔鏡下手術
    a.反対側鞘状突起開存,不顕性ヘルニアの定義と手術適応
    b.腹腔鏡下手術のための解剖
    c.TAPP法
    d.TEP法
   4.術後合併症
    a.鼠径部切開法の術後合併症
    b.腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術の術後合併症
  第4章 嵌頓ヘルニア
  第5章 慢性術後鼠径部痛
   1.病因,症状,診断,治療
   2.ペインクリニック的アプローチ
   3.脊髄刺激療法
 B 腹壁瘢痕ヘルニア
  第1章 腹壁瘢痕ヘルニアの原因・疫学
  第2章 腹壁瘢痕ヘルニアの生理学
  第3章 腹壁瘢痕ヘルニアの手術
   1.手術適応
   2.切開法
    a.組織縫合法
    b-1.component separation法:開腹
    b-2.component separation法:内視鏡下
    c-1.Rives-Stoppa原法
    c-2.posterior component separation法
    d.腹腔内留置メッシュ(IPOM)法
    e.形成外科的再建
   3.腹腔鏡下手術
    a.standard intraperitoneal onlay mesh(sIPOM)法
    b.ヘルニア門閉鎖およびメッシュ補強(IPOM-Plus)法
    c.endoscopic Rives-Stoppa(eRives)法
   4.特殊な部位の瘢痕ヘルニア
   5.術中・術後合併症
 C そのほかの腹壁ヘルニア
  第1章 臍ヘルニア・上腹ヘルニア
   1.臍ヘルニア
   2.上腹壁ヘルニア(白線ヘルニア)
   3.腹直筋離開
  第2章 Spigelianヘルニア(半月線ヘルニア)
  第3章 ストーマ傍ヘルニア
 D 閉鎖孔ヘルニア
 E 食道裂孔ヘルニア・横隔膜ヘルニア
   1.食道裂孔ヘルニア
   2.そのほかの横隔膜ヘルニア
 F そのほかのヘルニア
  第1章 会陰ヘルニア
  第2章 子宮広間膜ヘルニア・Douglas窩腹膜欠損ヘルニア
  第3章 腰ヘルニア
  第4章 傍十二指腸ヘルニア
  第5章 特殊な内ヘルニア
第II部 小児のヘルニア
 A 鼠径ヘルニア
  第1章 鼠径部切開法
  第2章 腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術(LPEC法)
 B 鼠径ヘルニア以外の小児ヘルニア
  第1章 臍ヘルニア
  第2章 臍帯ヘルニア
第III部 ヘルニア診療・研究のトピックス
 A ヘルニア診療のトピックス
  第1章 日帰り手術
  第2章 ヘルニア診療の質と改善
 B ヘルニア研究のトピックス
  第1章 ヘルニア研究のための臨床疫学・統計学
索引