医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

本当にわかる精神科の薬はじめの一歩改訂版 2【電子版】

具体的な処方例で経過に応じた薬物療法の考え方が身につく!

稲田 健 (編)

出版社
羊土社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/04/23
ページ数
285ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,564 (本体¥3,300+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7581-1827-9
印刷版発行年月
2018/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
46 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

非専門医が知りたい精神科の薬の基本と実践がわかる入門書!向精神薬に馴染みのない医師向けに,作用機序,分類,特徴,処方例をやさしく解説.要点イラストが豊富でスッキリ理解でき,症例で具体的な使い方を学べる!

目次

改訂にあたって 稲田 健
はじめに(初版の序) 稲田 健
第1部 精神科の薬の基本的な考え方【稲田 健】
 1 薬物療法の考え方
 2 薬物療法をうまく行えるようになるために
 3 向精神薬の分類と適応~5つのカテゴリーを押さえる~
 4 薬物相互作用の基本
 5 適応外処方と禁忌処方
第2部 各薬剤の特徴と使い方
1.抗精神病薬【河野仁彦】
 1 抗精神病薬とは?
 2 抗精神病薬の作用機序
 3 抗精神病薬の効果
 4 抗精神病薬の副作用
 5 各抗精神病薬の特徴と使い方
2.抗うつ薬【村岡寛之】
 1 抗うつ薬とは?
 2 抗うつ薬の作用機序
 3 抗うつ薬の効果
 4 抗うつ薬の適応疾患,標的症状
 5 抗うつ薬の副作用
 6 各抗うつ薬の特徴と使い方
3.抗不安薬【稲田 健,松井健太郎】
 1 抗不安薬とは?
 2 抗不安薬の作用機序
 3 抗不安薬の効果
 4 抗不安薬の適応疾患,標的症状
 5 抗不安薬の副作用
 6 各抗不安薬の特徴と使い方
 7 抗不安薬の依存と対策
 8 ベンゾジアゼピン系以外の抗不安薬
4.睡眠薬【稲田 健,松井健太郎】
 1 睡眠薬とは?
 2 睡眠薬の作用機序
 3 睡眠薬の効果と使い分け
 4 睡眠薬の副作用
 5 各睡眠薬の特徴と使い方
5.気分安定薬【松井健太郎】
 1 気分安定薬とは?
 2 気分安定薬の作用機序
 3 気分安定薬の効果
 4 気分安定薬の適応疾患,標的症状
 5 気分安定薬の副作用
 6 各気分安定薬の特徴と使い方
6.抗認知症薬【堤 多可弘】
 1 抗認知症薬とは?
 2 抗認知症薬の作用機序
 3 抗認知症薬の効果
 4 抗認知症薬の適応疾患,標的症状
 5 抗認知症薬の副作用
 6 各抗認知症薬の特徴と使い方
7.発達障害治療薬【河野美帆】
 1 発達障害治療薬とは?
 2 発達障害治療薬の作用機序
 3 発達障害治療薬の適応疾患,標的症状
 4 発達障害治療薬の副作用
 5 各発達障害治療薬の特徴と使い方
第3部 疾患別 処方の実際
1.基本的な考え方【稲田 健】
 1 単剤で少量から開始し漸増する
 2 十分な量,十分な期間用いる
 3 薬剤は単剤で使用し,併用はせず切り替える
 4 各カテゴリーの薬を1つか2つだけ選んで使いこなそう
 5 専門医へ紹介するタイミング
2.処方の実際
 1 統合失調症【河野仁彦】
 2 不安症【河野敬明】
 3 強迫症【河野敬明】
 4 うつ病とうつ状態【村岡寛之】
 5 躁状態と双極性障害【村岡寛之】
 6 認知症【堤 多可弘】
 7 せん妄【堤 多可弘】
 8 不眠【松井健太郎】
 9 摂食障害【河野敬明】
 10 アルコール依存症(使用障害)【河野敬明】
 11 注意欠如・多動性障害(ADHD)【河野美帆】
第4部 注意すべき副作用と症候群【河野敬明】
 1 悪性症候群
 2 糖尿病性昏睡
 3 皮膚症状〜向精神薬による重症薬疹:SJS,TEN,DIHS
 4 薬物誘発性不整脈〜薬剤性QT延長症候群と心室頻拍
 5 向精神薬によって引き起こされる精神と行動の障害(行動毒性)
 6 リチウム中毒
索引