医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

在宅医療 臨床入門 第2版【電子版】

和田 忠志 (著)

いらはら診療所/国立長寿医療研究センター

出版社
南山堂
電子版ISBN
978-4-525-98270-6
電子版発売日
2018/06/11
ページ数
137ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,376 (本体¥2,200+税8%)

印刷版ISBN
978-4-525-20882-0
印刷版発行年月
2018/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
16 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

現代型在宅医療の開拓者の一人である著者が在宅医療の導入から24時間対応,連携などまでを実用的な形で解説.具体的かつ実践的な内容にもかかわらず,在宅医療の理念や姿勢がおのずと身につく入門書.これから在宅医療に取り組む医師はもちろん,すでに関わっている医師も,悩んだ時には立ちかえりたい一冊です.

目次

序 論 現代の在宅医療 
旧来の「往診」による在宅医療と「現代の在宅医療」

第1章 在宅医療の導入
1 初診の患者さんに往診を行うべきか
2 往診導入面接
3 医療に関してネガティブな印象を持っている患者さんに対して
4 訪問時の一般的な留意点
5 初回訪問時の対応
6 導入初期の臨時往診や臨時訪問看護

第2章 在宅医療を行うにあたっての留意点
1 医療材料や薬を自宅で取り扱うにあたって
2 アナフィラキシーショックへの対応
3 針刺し事故(血液体液暴露事故)
4 交通事故への対応
5 在宅医療現場で働く看護師の危険性への対応

第3章 診 察
1 必要な診療機器
2 問診と家族からの病状聴取
3 身体所見
4 その他の身体所見
5 複数医師による診察

第4章 検 査
1 在宅医療でどのような検査をするか
2 導入時の情報取得と定期的な検査
3 急性疾患への対応と自宅で可能な検査
4 在宅医療における設備や病診連携の考え方

第5章 家族のエンパワメント
1 在宅医療を取り巻く環境と家族の境遇について
2 家族の方法論を学ぶこと
3 家族の構造変化を知る
4 家族には歴史がある

第6章 緩和ケア
1 「バーチャルな告知」の現実
2 せめぎあいとの対面
3 人間関係の中で死のあり方を選択していくこと
4 自己決定はしばしば社会的なものである
5 家族への対応
6 独居者の在宅医療
7 在宅医療ではがんがあまり痛くないかもしれない話
8 非がん患者の緩和ケア
9 在宅緩和ケアにあたっての私たちの価値観について

第7章 24時間対応
1 24時間対応は日中の診療内容と不可分である
2 あおぞら診療所の医師の夜間呼び出しの実態について
3 電話を受ける手法
4 病院連携

第8章 訪問看護師との連携
1 訪問看護ステーション制度
2 訪問看護の適用
3 「医療機関から行う訪問看護」と「訪問看護ステーションから行う訪問看護」
4 医療サポートとケア全体の構築を訪問看護師に期待する 
5 本人と家族の支援
6 24時間対応
7 訪問看護ステーションとの情報交換
8 医療処置などについて
9 訪問看護ステーションの選定
10 在宅療養現場での看護師労働の危険性についての配慮

第9章 薬局連携と処方
1 面分業
2 在宅医療における薬物療法の技術特性
3 訪問薬剤指導
4 在宅医療における投薬知識
5 デッドストックへの配慮
6 ホームヘルパーによる服薬介助
7 訪問看護との業務分担と連携
8 サービス担当者会議等への出席

第10章 歯科連携
1 在宅生活の基本的条件としての「食べること」
2 歯科適用について
3 歯科医師にどのような情報を提供するか

第11章 社会資源活用
1 介護支援専門員(ケアマネジャー)との連携
2 地域包括支援センター
3 障害福祉制度の活用
4 生活保護制度
5 成年後見制度
6 生活福祉資金(長期生活支援資金)貸付制度
7 生命保険と住宅ローンについて

第12章 虐待への対応
1 虐待の定義を知る
2 居宅での虐待のパターン認識と対応
3 多職種連携とカンファレンスの重要性
4 具体的な支援について

第13章 後継者を育成する
1 学生実習
2 臨床研修

あとがき
索 引