医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

血液浄化療法ポケットハンドブック【電子版】

岡田 一義 (監)

出版社
東京医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/06/18
ページ数
564ページ
 判型
B6変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,320 (本体¥4,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-88563-234-1
印刷版発行年月
2014/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
40 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要


目次

英略語集

第Ⅰ章 腎代替療法
 1 慢性腎臓病と腎代替療法
  1.慢性腎臓病と慢性腎不全
  2.血液透析の導入基準
  3.血液透析拒否時の対応
  4.腹膜透析の導入基準
  5.腎移植の情報提供
 2 血液透析療法
  6.血液浄化療法の種類と適応
  7.深夜(オーバーナイト)血液透析
  8.在宅血液透析
  9.ドライウェイトの設定
  10.血液透析の適正指標
  11.抗凝固薬の種類と用量
  12.血液透析液の種類と選択
  13.Column 血液濾過補充液
  14.透析液水質基準
  15.ダイアライザの種類と選択
  16.Column ヘモフィルタとヘモダイアフィルタ
 3 体外循環時の偶発症
  17.空気混入
  18.血液漏出
  19.Column 溶血
  20.回路内血液凝固
  21.静脈圧異常
  22.透析液濃度異常
  23.透析液温度異常
 4 バスキュラーアクセス
   24.バスキュラーアクセスの種類と選択
  25.ボタンホール
   26.アクセストラブルの管理
  27.バスキュラーアクセスにおける血液再循環
  28.ミルキング法
 5 腹膜透析療法
  29.腹膜透析の種類と適応
  30.腹膜透析液の種類と選択
  31.腹膜透析休息日
  32.腹膜機能検査の意義
  33.腹膜機能検査の操作手順
  34.腹膜透析の適正指標
  35.Column 腹膜透析患者の血糖異常
  36.ペリトネアルアクセスのトラブル
   37.出口部ケア
   38.出口部感染ケア
   39.腹膜炎が疑われたときの検査
  40.腹膜炎の治療
  41.Column 腹膜炎発症時の透析処方
  42.被囊性腹膜硬化症
  43.横隔膜交通症

第Ⅱ章 透析患者の臓器別病態と治療
 1 呼吸器・循環器
  44.呼吸困難
  45.胸水貯留
  46.胸背部痛
  47.高血圧
  48.低血圧
  49.ショック
   50.心停止
  51.虚血性心疾患
  52.Column 抗血小板薬と一次予防
  53.抗凝固薬の適応と投与方法
  54.抗血小板薬と抗凝固薬の休薬法
  55.心不全
  56.Column バソプレシンV2受容体拮抗薬の使用方法
  57.心囊液貯留
  58.不整脈
  59.抗不整脈薬の透析用量
  60.心臓弁膜症の手術適応
  61.Column 経皮的心肺補助装置
 2 脳血管・末梢血管
  62.脳血管障害(急性期)
  63.透析不均衡症候群
  64.意識障害
  65.Column 意識障害の評価方法
  66.Column 認知症
  67.末梢動脈疾患
  68.フットケア
 3 消化器
  69.急性腹症
  70.腹水貯留
  71.便秘症
  72.下痢症
  73.ヘリコバクター・ピロリ除菌の透析用量
  74.Column 味覚障害
 4 血液
  75.腎性貧血
  76.Column 慢性ウイルス肝炎への鉄剤補充
  77.Column ヘプシジン
   78.ヘパリン起因性血小板減少症
  79.Column 播種性血管内凝固症候群の診断基準
 5 代謝
  80.血糖管理の指標と目標値
  81.Column 血糖自己測定と持続血糖モニタリング
   82.Column 導入期の血糖コントロール
   83.透析中血糖値異常への対処
  84.糖尿病治療―経口薬
  85.糖尿病治療―注射薬
  86.脂質異常症
  87.慢性腎臓病に伴うミネラル骨代謝異常
  88.Column FGF-23とKlotho
   89.ビスホスホネート製剤の透析用量
  90.透析アミロイドーシス
   91.カルニチン代謝異常
  92.高カリウム血症の緊急治療
 6 感染症
  93.インフルエンザウイルス
   94.ノロウイルス
   95.水痘・帯状疱疹ウイルス
   96.B型肝炎ウイルス
   97.C型肝炎ウイルス
   98.結核菌
  99.メチシリン耐性黄色ブドウ球菌
  100.バンコマイシン耐性腸球菌
  101.真菌症
  102.ヒト免疫不全ウイルス
   103.不明熱
  104.敗血症
  105.Column プロカルシトニンの意義
  106.抗菌薬のスペクトルと透析用量
 7 筋・神経・精神
  107.筋痙攣
  108.しゃっくり
   109.レストレスレッグス症候群
  110.不眠症
  111.プレガバリンの透析用量
 8 アレルギー
   112.瘙痒症
  113.アナフィラキシー

第Ⅲ章 透析患者の栄養
  114.食事療法
  115.Column カリウムの多い食品と飲料
  116.Column 旅行先での食事管理
  117.経腸栄養
  118.中心静脈栄養
  119.透析中経静脈栄養
  120.Column 肝硬変合併時のアミノ酸補充
  121.栄養障害の評価法
  122.Column MICSとMIA症候群

第Ⅳ章 急性血液浄化療法と適応疾患
 1 急性腎障害と血液浄化療法
  123.急性腎障害と急性腎不全
  124.急性腎不全の鑑別診断
  125.血液浄化療法の導入基準
 2 急性血液浄化療法
  126.急性血液浄化療法の適応と種類
  127.持続的腎代替療法
  128.Column 持続緩徐式血液濾過器
  129.間欠的腎代替療法と長時間低効率血液透析
  130.急性呼吸窮迫症候群
  131.劇症肝炎
  132.急性膵炎/重症急性膵炎
  133.多臓器不全と多臓器機能障害
  134.Column 吸入器酸素濃度計算式

第Ⅴ章 特殊血液浄化療法
  135.アフェレシスと適用疾患
  136.血漿交換療法
  137.二重膜濾過血漿交換療法によるウイルス除去療法
  138.クリオフィルトレーション
   139.エンドトキシン吸着療法
  140.LDL吸着療法
  141.免疫吸着療法
  142.ビリルビン吸着療法
  143.β2―ミクログロブリン吸着療法
  144.白血球・顆粒球除去療法
  145.腹水濾過濃縮再静注療法

第Ⅵ章 透析患者の周術期管理と輸血
  146.周術期管理
  147.赤血球濃厚液の適正使用

第Ⅶ章 透析患者の検査
  148.定期的な画像検査
  149.腫瘍マーカーの異常値

第Ⅷ章 透析患者の禁忌薬
  150.添付文書上の禁忌薬
  151.トラマドール/アセトアミノフェン配合錠の透析用量
  152.ピオグリタゾンの透析用量

索引