医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

伝わる医療の描き方【電子版】

患者説明・研究発表がもっとうまくいくメディカルイラストレーションの技術

原木 万紀子 (著)

出版社
羊土社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/07/23
ページ数
143ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,520 (本体¥3,200+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7581-1829-3
印刷版発行年月
2018/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
40 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

患者説明+イラスト=信頼.研究発表+イラスト=評価.素材集もいいけどイラスト探しは意外と大変.どうせなら自作で差をつけませんか? 忙しい医療者でも実践可能なコツを美術解剖学のプロが最小限の言葉で解説.

目次

監修の序
まえがき
Part 1:医療者がビジュアル・コミュニケーションを上手に行うために
Point 1 誰かに何かを伝えるために〜イラストという方法を活用することについて
Point 2 イラストを描くときの基本的な認識について〜3つの要素:色・形・質
Point 3 目的どおりのイラストを手に入れるための検討事項〜特にイラスト作成を実施・依頼する時に有効なフレームワーク
Part 2:患者さんに伝えるために〜人体の形状を描く
Case 1 人体とその姿勢〜対象のアウトラインをバランスよく捉える
Tips 簡略化と幾何形体
Case 2 骨〜凸凹を捉える
Tips 影
Case 3 筋肉〜模様を捉える
Tips 模様
Part 3:医療者に伝えるために〜より複雑な情報を描く
Interlude
Case 4 血管・リンパ管・神経〜奥行きを捉える
Tips パース
Case 5 手・足・顔〜複雑なアウトラインを捉える
Tips 補助点
Case 6 臓器・皮膚〜質感を捉える
Tips 光
Case 7 様々な応用事例〜Case 1〜6の技術を組み合わせてより高次の情報を捉える
Part 4:もっと詳しく知りたい方へ
Appendix 1 幾何形体の捉え方
Appendix 2 様々な道具