医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

消化管がんに対する腹腔鏡下手術のいろは【電子版】

技術認定に求められる基本手技の鉄則

北野正剛(監修) 白石憲男 猪股雅史 (著者)

出版社
メジカルビュー社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/08/06
ページ数
312ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥9,180 (本体¥8,500+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7583-1173-1
印刷版発行年月
2012/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
102 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

腹腔鏡下手術の入門書かつ技術認定制度資格試験に合格するための解説書。消化管がん(胃がん,大腸がん)に対する腹腔鏡下手術の操作を「動詞」から分類し,基本操作を解説。最初に最重要ポイントを「3つ」呈示し,その他にも要所要所にポイントを必ず3つ「い・ろ・は」で呈示している。また正しい手技,誤った手技を,カラーイラストで解説し,項目の最後にはチェックポイントを掲載。

目次

Ⅰ.基本編
 1.技術認定取得を目指して
 2.術者の手を「動かす」
  ①左手(非優位側)の役割
  ②右手(優性側)の役割
  ③右手と左手の協調操作
 3.場を「設定する」
  ①安全な気腹の作成法
  ②操作用トロッカーの位置決めのための基本
 4.手術野を「観察する」
  ①手術野の良好な観察法の基本(斜視カメラの使用法)
  ②見えないところまで見る技
 5.手術野を「形成する」
  良好な手術野形成のための基本
 6.手術器具を「使う」
  ①超音波凝固切開装置の特性を生かした使用法
  ②超音波凝固切開装置によるアプローチ:組織の取り扱い方
  ③血管シーリングシステムの特性を生かした使用法
 7.組織を「切離する」
  腹腔鏡下手術における組織切離の基本
 8.組織を「剥離する」
  腹腔鏡下手術における組織剥離の基本
 9.血管を「処理する」
  腹腔鏡下手術の血管処理の基本
 10.臓器を「切離する」
  リニアカッターを用いた胃や大腸の切離のコツ
 11.出血を「止血する」
  腹腔鏡下手術における止血法の基本
 12.臓器を「つなぐ」
  吻合部トラブルを起こさない吻合法のコツ

Ⅱ.実践編
腹腔鏡下幽門側胃切除術
 1.手術手順
 2.操作器具を「挿入する」
  操作用トロッカーの位置決めとトロッカー留置法
 3.手術野を「形成する」
  ①良好な手術野の作成法1(膜状構造物[大彎・小彎など])
  ②良好な手術野の作成法2(索状構造物[主要血管])
 4.組織を「切離する」
  大網・小網の切離法
 5.組織を「剥離する」
  ①膵頭部前面の剥離法
  ②No.12aリンパ節郭清
  ③膵臓上縁のリンパ節(No.8a)郭清
  ④膵臓上縁のリンパ節(No.11p)郭清
 6.血管を「処理する」
  ①胃主要血管の処理法(1.大彎:左胃大網動脈とNo.4dリンパ節郭清)
  ②胃主要血管の処理法(1.大彎:右胃大網動静脈と幽門下動脈)
  ③胃主要血管の処理法(2.小彎:右胃動脈)
  ④胃主要血管の処理法(2.小彎:左胃動脈)
 7.出血を「止血する」
  胃切除時の出血しやすい部位の処理
 8.臓器を「つなぐ」
  ①胃部分切除後の再建のコツ
  ②胃全摘術後の再建のコツ
 9.困った場面を「解決する」
  胃切除術で困ったときの解決法

腹腔鏡下大腸切除術(S状結腸切除術/前方切除術)
 1.手術手順を「確認する」
 2.術前に「準備する」
  十分な準備なくして成功なし
 3.トロッカーを「挿入する」
  4本のトロッカー操作のコツ
 4.手術野を「形成する」
  ①小腸排除および子宮・腹膜反転部の腹壁固定
  ②内側アプローチ
  ③中枢側リンパ節郭清
  ④外側アプローチ
  ⑤骨盤内操作
 5.組織を「剥離する」
  ①内側アプローチ
  ②中枢側リンパ節郭清
  ③外側アプローチ
  ④直腸剥離(TSME:tumor specific mesorectal excision)
 6.血管を「処理する」
  ①下腸間膜動静脈(IMA/IMV)
  ②中直腸動静脈
 7.組織を「切離する」
  ①S状結腸間膜
  ②直腸間膜
 8.直腸を「切離吻合する」
  ①DST(double stapling technique)法
  ②反転法(prolapsing法)
  ③経肛門法
  ④機能的端々吻合法(FEE:function endo to endo)
 9.器械吻合を「科学する」
  器械吻合は器械と生体の調和

頻用される「技術認定試験合格への鉄則」一覧
索引