医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

がんのリハビリテーションQ&A【電子版】

辻 哲也 (編著)

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/09/24
ページ数
176ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,212 (本体¥3,900+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-06718-9
印刷版発行年月
2015/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
24 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

「がんと共存する」時代.そのニーズがますます高まるがんリハビリテーションの必須知識や疑問点を,がんリハに関わる医師や医療スタッフが明瞭に回答した実践書.

目次

Ⅰ がんのリハビリテーション総論 【辻 哲也】
 Q1 がんリハビリテーションを取り巻く現状を教えてください(診療報酬,研究や教育の動向など).
 Q2 病期別のリハビリテーションについて教えてください(目的とEBM に基づいた治療法).
 Q3 リハビリテーションのガイドラインはありますか?どのように活用すればよいですか?
Ⅱ 周術期リハビリテーション,患者評価のポイントとリハビリテーションの実際
 A.頭頸部がん(頸部郭清術) 【田尻和英】
 Q4 頸部郭清後の外科的治療で生じる障害はどのようなものですか?
 Q5 術前・術後においてのリハビリテーションの目的,流れ,気をつけるポイント・注意点などについて教えてください.
 Q6 リハビリテーションを行う際に必要な評価とリハビリ計画の立てかたについて教えてください.
 Q7 治療に関わるスタッフが連携する際のポイントおよび注意点を,各職種の立ち位置や役割をふまえて教えてください.
 B.乳がん 【村岡香織】
 Q8 乳がんの外科的治療で生じる障害はどのようなものですか?
 Q9 術前・術後においてのリハビリテーションの目的,流れ,気をつけるポイント・注意点などについて教えてください.
 Q10 リハビリテーションを行う際に必要な評価とリハビリの計画の立てかたについて教えてください.
 Q11 治療に関わるスタッフが連携する際のポイントおよび注意点を,各職種の立ち位置や役割をふまえて教えてください.
 C.開胸・開腹術 【井上順一朗】
 Q12 開胸・開腹術によって生じる障害とはどのようなものですか?
 Q13 術前・術後においてのリハビリテーションの目的,流れ,気をつけるポイント・注意点などについて教えてください.
 Q14 リハビリテーションを行う際に必要な評価とリハビリの計画の立てかたについて教えてください.
 Q15 治療に関わるスタッフが連携する際のポイントおよび注意点を,各職種の立ち位置や役割をふまえて教えてください.
 D.骨・軟部腫瘍 【石井 健】
 Q16 骨・軟部腫瘍の外科的治療で生じる障害はどのようなものですか?
 Q17 術前・術後においてのリハビリテーションの目的,流れ,気をつけるポイント・注意点などについて教えてください.
 Q18 リハビリテーションを行う際に必要な評価とリハビリの計画の立てかたについて教えてください.
 Q19 治療に関わるスタッフが連携する際のポイントおよび注意点を,各職種の立ち位置や役割をふまえて教えてください.
Ⅲ 化学療法・放射線療法の副作用とリスク管理
 A.リハビリテーション処方上でのポイント・注意点などを教えてください. 【石川愛子】
 Q20 化学療法と放射線療法の副作用(リスク管理において必要な知識)にはどのようなものがありますか?
 Q21 リハビリテーション処方上でのポイント・注意点などを教えてください.
 B.患者評価のポイントとリハビリテーションの実際 【立松典篤】
 Q22 リハビリテーション実施において必要となる化学療法.放射線療法の患者評価ポイントを教えてください.
 Q23 有用なチームアプローチのために,各職種の立ち位置・果たすべき役割を教えてください.
 C.造血幹細胞移植前後の反応 【森下慎一郎】
 Q24 移植前および移植後のリハビリテーションの役割・内容を教えてください.
 Q25 各職種の立ち位置や果たすべき役割をふまえ,有用なチームアプローチとなるリハビリテーション計画の実際を教えてください.
Ⅳ 骨転移患者への対応.患者評価のポイントとリハビリテーションの実際 【大森まいこ】
 Q26 骨転移の病態とリスク管理について教えてください.
 Q27 骨転移患者にリハビリテーションを行ううえで,必要な評価のポイントを教えてください.
 Q28 各職種の立ち位置や果たすべき役割をふまえ,有用なチームアプローチとなるリハビリテーション計画の実際を教えてください.
Ⅴ リンパ浮腫への対応
 A.リンパ浮腫の予防 【増島麻里子】
 Q29 リンパ浮腫の発症予防と早期発見のための評価のポイントを教えてください.
 Q30 リンパ浮腫予防期における各職種の立ち位置や果たすべき役割をふまえ,有用なチームアプローチとなる指導の実際を教えてください.
 B.リンパ浮腫の治療 【山本優一】
 Q31 リンパ浮腫治療のための評価のポイントを教えてください.
 Q32 各職種の立ち位置や果たすべき役割をふまえ,有用なチームアプローチとなりうるリハビリテーション計画の実際を教えてください.
Ⅵ 歩行障害・基本動作障害,ADL・IADL 障害に対する対応
 A.歩行障害・基本動作障害に対する対応 【國澤洋介 高倉保幸】
 Q33 がん患者の身体機能の特徴(障害像)を教えてください.また,体力低下の予防はどのようなものがありますか?
 Q34 がん患者へのリハビリテーションで注意するポイント(病棟での離床支援,移乗,歩行などの対応)は何ですか?
 B.ADL・IADL に対する対応 【小林 毅】
 Q35 がん患者のADL・IADL 障害の特徴にはどのようなものがありますか?
 Q36 がん領域でよく使用されているADL の評価法について教えてください.
 Q37 ADL・IADL 障害が出た場合のリスク回避の方法・自助具・福祉用具の活用方法を教えてください.
Ⅶ がん患者の摂食・嚥下障害・コミュニケーション障害・口腔ケア
 A.摂食・嚥下障害 【安藤牧子】
 Q38 がん患者の摂食・嚥下障害の特徴を教えてください.
 Q39 がん患者の摂食・嚥下障害において,リハビリテーションを行う際に必要な評価について教えてください.また,それをもとに,どのようにリハビリの計画を立てたらよいですか?
 Q40 がん患者の摂食・嚥下のリハビリテーションにおいて,各職種の役割やそれぞれ気をつけるべきポイント,注意点を教えてください.
 B.コミュニケーション障害 【森本邦子】
 Q41 がん患者のコミュニケーション障害の特徴を教えてください.
 Q42 がん患者のコミュニケーション障害において,リハビリテーションを行う際に必要な評価について教えてください.また,それをもとに,どのようにリハビリの計画を立てたらよいですか?
 Q43 がん患者のコミュニケーション障害において,各職種の役割やそれぞれ気をつけるべきポイント,注意点を教えてください.また,どのように連携していけばよいでしょうか?
 C.口腔ケア 【妻木浩美】
 Q44 がん治療は口腔の健康にどのような影響を及ぼすのでしょうか?
 Q45 がん患者における口腔ケアの必要性や基本的なケアの方法を教えてください.
Ⅷ 緩和ケアが主体となる時期のリハビリテーション・アプローチ 島㟢寛将
 Q46 進行がん,末期がんの患者の病態の特徴を教えてください.
 Q47 身体機能の回復や社会復帰を目指すリハビリテーションと,緩和ケアが主体となる時期のリハビリの違いを教えてください.
 Q48 在宅復帰におけるリハビリテーションの役割を教えてください.
Ⅸ 心のケアとリハビリテーション 【岡村 仁】
 Q49 がん患者の心の動きは,症状の進行に伴ってどのように変化していくのですか?
 Q50 心の専門家ではなくても,知っておいたほうがよい精神心理的問題に関する基礎知識を教えてください.
 Q51 リハビリテーションにおいては,特にどのような点に配慮してコミュニケーションをとったらよいですか?
索引