医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

小児アレルギー疾患診療ハンドブック【電子版】

清益 功浩 (著)

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/09/24
ページ数
200ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,320 (本体¥4,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-14536-8
印刷版発行年月
2015/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
46 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

小児アレルギー疾患に関する診療ガイドラインの勘所と,自らの臨床経験に基づく診療のコツを,この分野のエキスパートが1冊にまとめた.小児アレルギー疾患診療の必携書.

目次

序章 アレルギー専門医と非専門医の対話
1.アレルギーの基礎知識
 ■アレルギーとは
 ■アレルギー性疾患が増えているかどうか?
 ■アレルギー反応の分類
 ■アレルギー反応
 ■小児と成人の違いについて
2.小児の特性
 ■身長と体重
 ■脳の発達
 ■歯の発達
 ■呼吸
 ■運動機能
 ■水分量
 ■小児の皮膚の特徴
 ■免疫状態
3.EBM の診かた・考えかた
 ■医療紛争に備えて知っておくべき法知識
 ■コミュニケーションスキルについて
4.小児に多いアレルギー性疾患の診かた・考えかた
A.食物アレルギー
 ■定義
 ■食物アレルギーの病態
 ■食物アレルギーの症状
 ■食物アレルギーの診断
  1.問診
  2.検査
  3.負荷試験
 ■食物アレルギーの治療
  1.食事療法
  2.薬物療法
  3.症状発現時の治療
  4.経口免疫療法
 ■教育現場への指導
 ■症例
B.食物依存性運動誘発アナフィラキシー
 ■定義
 ■食物依存性運動誘発アナフィラキシーの症状
 ■食物依存性運動誘発アナフィラキシーの診断
  1.問診
  2.血液検査
  3.誘発試験
 ■食物依存性運動誘発アナフィラキシーの治療
C.アトピー性皮膚炎
 ■定義
 ■アトピー性皮膚炎の病態
 ■アトピー性皮膚炎の原因
 ■アトピー性皮膚炎の診断
 ■アトピー性皮膚炎の検査
 ■アトピー性皮膚炎の症状
 ■アトピー性皮膚炎の重症度
 ■アトピー性皮膚炎の治療
  1.原因・悪化因子
  2.スキンケア
  3.薬物療法
 ■症例
D.気管支喘息
 ■定義
 ■小児気管支喘息の検査
  1.問診
  2.血液検査
  3.呼吸機能検査
 ■気管支喘息の自然歴
 ■小児気管支喘息の発作の状態
 ■小児喘息に対する保護者の意識
 ■小児気管支喘息の治療
  1.急性発作の治療(2 歳以上)
  2.長期管理の治療(2 歳以上)
  3.急性発作の治療(2 歳未満)
  4.長期管理の治療(2 歳未満)
 ■気管支喘息の管理
 ■吸入器について
 ■小児気管支喘息のQOL
 ■症例
E.アレルギー性鼻炎
 ■定義
 ■アレルギー性鼻炎の機序
 ■花粉症の疫学
 ■花粉の飛散時期
 ■アレルギー性鼻炎の検査
  1.問診
  2.検査
  3.好酸球検査
  4.鼻誘発テスト
 ■アレルギー性鼻炎の症状
 ■アレルギー性鼻炎の治療
  1.保護者と患児とのコミュニケーション
  2.抗原の除去と回避
  3.薬物療法
  4.アレルゲン免疫療法
  5.手術療法
 ■アレルギー性鼻炎の合併症
F.蕁麻疹
 ■蕁麻疹の定義
 ■蕁麻疹の疫学
 ■蕁麻疹の病態に関与する因子
 ■蕁麻疹の主たる病態
 ■蕁麻疹の治療
  1.原因の特定
  2.再現性のための検査
  3.対症療法
 ■症例
5.薬の使い方
A.ケミカルメディエーター遊離抑制薬
B.ヒスタミンH1 受容体拮抗薬
C.ロイコトリエン受容体拮抗薬
D.Th2 サイトカイン阻害薬
E.ステロイド薬
F.テオフィリン製剤
G.アドレナリン
H.β2 刺激薬
I.漢方薬
J.その他
 ■抗IgE 抗体(オマリズマブ)
 ■今後の治療薬
 ■アレルギーを持つ子に対する予防接種
索 引