医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

新セミナー生活習慣病 第2版【電子版】

田中 逸 (著)

出版社
日本医事新報社
電子版ISBN
978-4-7849-6801-5
電子版発売日
2018/09/17
ページ数
196ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,456 (本体¥3,200+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7849-5398-1
印刷版発行年月
2018/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
30 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

生活習慣病の予防・治療のほか、日々の食事や運動に注意する人/しない人の二極化などが課題となっている現代社会。日常診療や健診・保健指導で生活習慣病に関わる医師・医療スタッフは、国内外から発表される様々なエビデンスを踏まえ、正しい知識の啓発と教育、適切な指導と介入に努力することが求められています。
本書はそのような日常診療に資するため、大好評だった前著『新セミナー生活習慣病』の内容を再吟味し、最新情報をもとにブラッシュアップ。
無料の電子版(HTML版)付きのため、スマホ・タブレット・PCのwebブラウザで場所を選ばずに読むことができます。

目次

SECTION 1 肥満と肥満症
1 ▶ 肥満と肥満
 1 ─ 肥満の現状
 2 ─ 肥満の評価方法
 3 ─ 二次性肥満と体液貯留に注意
 4 ─ 肥満症の診断
2 ▶ 肥満の科学
 1 ─ 肥満の原因は何
 2 ─ 脂肪細胞は内分泌細胞でもある
 3 ─ 褐色脂肪細胞とは
3 ▶ 肥満に対するアプローチ
 1 ─ まず問題点を把握する
 2 ─ 食事エネルギー量と栄養バランスの設定
 3 ─ 賢い食べ方
 4 ─ 運動療法のとらえ方

SECTION 2 糖尿病と耐糖能異常
1 ▶ 糖尿病の基礎知識
 1 ─ 血糖調節機序を考える
 2 ─ 糖尿病の発症メカニズム
 3 ─ 日本人の糖尿病の特徴
 4 ─ 糖毒性と合併症の原因を考える
2 ▶ 糖尿病の診断と治療
 1 ─ 糖尿病の診断とスクリーニング
 2 ─ 高血糖に対するアプローチ

SECTION 3 脂質異常症
1 ▶ 中性脂肪とコレステロールの代謝
 1 ─ 中性脂肪の基礎知識
 2 ─ コレステロールの基礎知識
2 ▶ リポ蛋白の基礎知識
 1 ─ リポ蛋白とは
 2 ─ リポ蛋白の代謝早わかり
3 ▶ 脂質異常症の病態
 1 ─ 脂質異常症の診断
 2 ─ 脂質異常症の分類
 3 ─ 高中性脂肪血症の病態
 4 ─ 高コレステロール血症の病態
4 ▶ 脂質異常症に対するアプローチ
 1 ─ 問診と身体所見
 2 ─ 動脈硬化症のリスク評価と管理目標
 3 ─ 生活習慣改善のポイント

SECTION 4 高尿酸血症と痛風
1 ▶ 尿酸代謝の基礎知識
 1 ─ 尿酸とは何か
 2 ─ 尿酸代謝の基礎知識
 3 ─ 高尿酸血症の原因
 4 ─ 低尿酸血症の原因と注意点
2 ▶ 痛風発作と痛風腎
 1 ─ 尿酸結晶の析出
 2 ─ 痛風発作の原因と特徴
 3 ─ 痛風発作より怖い痛風腎
3 ▶ 高尿酸血症に対するアプローチ
 1 ─ 高尿酸血症に関わる生活習慣
 2 ─ 尿酸を上昇させない生活指導

SECTION 5 高血圧症
1 ▶ 血圧の基礎知識
 1 ─ 血圧の意味
 2 ─ 血圧の調節
2 ▶ 高血圧症の分類と原因
 1 ─ 測定と診断
 2 ─ 二次性高血圧と本態性高血圧
 3 ─ 生活習慣との関わり
3 ▶ 高血圧に対するアプローチ
 1 ─ 問診上のポイント
 2 ─ 血圧状況の評価と目標
 3 ─ 生活習慣改善のポイント

SECTION 6 動脈硬化症
1 ▶ 動脈硬化で最も問題になるタイプは…
 1 ─ 動脈硬化には4 つのタイプがある
 2 ─ 粥状動脈硬化の形成
 3 ─ 粥状動脈硬化と急性冠症候群
2 ▶ 動脈硬化症の早期診断
 1 ─ 健診やドックでの検査法
 2 ─ 頸動脈超音波検査
3 ▶ 動脈硬化症のリスクと管理
 1 ─ メタボリックシンドロームへの対処
 2 ─ メタボリックシンドローム以外のリスク管理

質疑応答
Q 1 BMIの理想値
Q 2 脂肪肝になりやすい体質
Q 3 脂肪肝がインスリン抵抗性をきたす機序
Q 4 飲酒は脂肪肝の原因になるか
Q 5 脂肪筋と霜降り
Q 6 脂肪肝と脂肪筋の変化
Q 7 臍部の内臓脂肪面積で内臓脂肪量を評価できるか
Q 8 ダイエットとリバウンドの繰り返し
Q 9 減量時に筋肉量も減少する理由と対策
Q10 肥満者の減量目標
Q11 地中海式ダイエットは日本人にも有効か
Q12 玄米以外の全粒穀物は何が有用か
Q13 肥満者に対する軽度糖質制限食の効果
Q14 高齢者のサルコペニア
Q15 肥満児に対するアプローチ
Q16 睡眠時無呼吸症候群の発見と対処
Q17 食後血糖の正常値
Q18 g-ブドウ糖負荷試験の妥当性
Q19 g-ブドウ糖負荷試験の副作用
Q20 日常生活でも反応性低血糖を起こすことがある
Q21 インスリンの正常値
Q22 HbA1cに影響する因子
Q23 HbA1cの利点と欠点
Q24 グリコアルブミン(GA)とは
Q25 1,5-AGとは
Q26 無自覚性低血糖とは
Q27 尿糖検査のポイントとコツ
Q28 空腹時血糖のみ高値
Q29 血糖正常者にみられる尿ケトン体陽性
Q30 糖尿病家族歴陽性者の検査
Q31 なぜ肥満がなくても妊娠糖尿病になるのか
Q32 妊娠糖尿病から糖尿病への進展
Q33 1日4回以上の分割食
Q34 どうしてもおやつを食べたいときは何がよいか
Q35 朝食前の運動は血糖改善に有効か
Q36 食後の中性脂肪上昇
Q37 急激な中性脂肪の低下
Q38 コレステロール制限食の効果
Q39 超悪玉のコレステロール
Q40 HDLコレステロールのみ低値
Q41 トランス型脂肪酸を制限する必要はないのか
Q42 脂質異常症の薬剤はいつまで
Q43 LDLコレステロールの下限値
Q44 尿酸値の変動幅
Q45 正常尿酸値と痛風発作
Q46 プリン体の過剰摂取
Q47 高尿酸血症者の紹介
Q48 痛風腎のチェック
Q49 食塩感受性と血圧
Q50 DASH食の効果
Q51 海水塩や岩塩の効果
Q52 食食後の一時的な血圧低下
Q53 起立性低血圧の原因
Q54 血圧の変動と評価
Q55 時間血圧測定の有用性
Q56 脳ドックの目的
Q57 CAVI検査とABI検査
Q58 無痛性心筋虚血
Q59 脳卒中の簡易診断法
Q60 魚油のサプリメントは動脈硬化症の予防に有効か
索引