医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

音声障害治療学【電子版】

廣瀬 肇 (編著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-63540-0
電子版発売日
2018/11/19
ページ数
208ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥5,500 (本体¥5,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-260-03540-8
印刷版発行年月
2018/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
42 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

音声障害の“治療”に焦点をあてる音声障害治療の理論的背景と最新の医学的治療、言語聴覚士による行動学的アプローチを解説する。診療現場で併用される医学的治療と行動学的治療(本書では音声治療と同義とする)の実際を、医師と言語聴覚士によるコラボレーションで紹介。

目次

1章 音声障害の治療総論
 A 音声障害の医学的基礎
  1 声は音の一種
  2 声はどのようにして作られるのか―発声のメカニズム
  3 声の男女差と年齢変化
  4 声とことば
  5 正常な声が作られるための条件
  6 音声障害と病的音声の特徴
  7 臨床で出会う音声障害にはどのようなものがあるか―音声障害の分類と臨床統計
  8 日本音声言語医学会提案による音声障害の分類
 B 音声障害の治療のあり方
  1 音声障害の治療総論
  2 音声治療小史
 C 医学的治療
  1 医学的治療方法の分類
  2 保存的治療―薬物療法
  3 外科的治療―音声外科
  4 その他の治療法(レーザー照射,放射線治療など)
 D 行動学的治療(音声治療)
  1 行動学的治療
  2 音声障害の行動学的治療
  3 行動変容の基礎となる健康行動科学理論
  4 行動変容のための健康行動科学理論モデル
  5 音声治療のアドヒアランスに関する行動学的視点
  6 発声行動の運動学習を支える脳機能
  7 発声の運動学習理論
  8 運動スキルの各習得過程におけるフィードバックの与え方
  9 運動生理学からみた音声治療
  10 音声治療への運動学習理論の応用
  11 音声訓練の計画立案

2章 音声障害の評価から診断・治療への流れ
 A 検査・情報の収集
  1 はじめに
  2 検査の種別
  3 主な検査について
 B 検査から診断へ

3章 音声障害の医学的治療
 A 治療方針の策定
  1 診断に基づいた治療方針の策定
  2 保存的治療の適応―特に疾患別にみた薬物治療について
  3 音声外科の適応と基本的手技
  4 その他の治療―放射線治療など
  5 全身性疾患との関連
 B 治療の実際
  1 保存的治療の実際―疾患別にみた薬物治療(療法)
  2 音声外科的治療の実際
 C 代表的な疾患に対する音声外科的治療
  1 声帯の良性病変
  2 声帯麻痺
  3 喉頭外傷
  4 痙攣性発声障害
  5 補遺

4章 音声障害の行動学的治療
 A 音声障害の行動学的治療と適応
  1 音声障害の行動学的治療(間接訓練と直接訓練)
  2 訓練目標と実施方法
  3 行動学的治療の適応
  4 行動学的治療計画の立案の留意点
 B 行動学的治療(音声治療)の適応を考慮すべき疾患
  1 心因性発声障害
  2 運動障害性構音障害
  3 痙攣性発声障害
 C 間接訓練
  1 間接訓練
  2 間接訓練と直接訓練
  3 グループ訓練と個別訓練
 D 直接訓練
  1 聴覚弁別力訓練
  2 声門閉鎖,声の高さの調節,反射性発声(笑い声,あくび,ため息など)などの
     発声機能訓練
  3 呼吸訓練
  4 喉頭や共鳴腔の筋緊張と姿勢の調整訓練
  5 発声に関与する体性感覚訓練
  6 音声治療の研究法について

5章 音声治療の臨床
 A 音声治療の基本的な考え方
  1 医療として
  2 医学的治療と同等の治療として
  3 行動学的治療として
  4 リハビリテーションとして
  5 適応に基づいて
 B 音声治療の取り組み方
  1 2本の柱
  2 間接訓練
  3 直接訓練
  4 クリニカルマネジメント
  ■ 補遺I 自主練習のマネジメント
 C 機能性音声障害―分類と特徴
  1 機能性音声障害とは何か
  2 機能性音声障害の分類
  3 各障害の病態と症状
  4 他の音声障害に合併した機能性音声障害
  ■ 補遺II 筋緊張の調節異常とその改善法
 D 機能性音声障害の音声治療
  1 過緊張型
  2 濫用:過剰型
  ■ 補遺III 初回セッションについて
  ■ 補遺IV 声の日記ノートの実際
 E 代表的な症例の音声治療―過緊張(重度)型
  1 症例
  2 音声治療開始時(間接訓練時)に確認すること
  3 初回セッション
  4 クリニカルマネジメント
  5 まとめ

索引