医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

≪(放射線治療技術標準テキスト)≫

放射線治療技術標準テキスト【電子版】

日本放射線治療専門放射線技師認定機構 (監)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-63605-6
電子版発売日
2019/01/21
ページ数
472ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,560 (本体¥7,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-03605-4
印刷版発行年月
2018/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
102 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

放射線治療専門放射線技師の認定試験に対応した公式テキスト。機器の進歩に伴う最新知識を網羅し、認定講習会のみならず、取得後の知識の再確認のためにも最適。

目次

第1章 放射線治療概要と放射線生物学
 [1-1]がん統計
 [1-2]線量分割照射法
 [1-3]放射線生物学
 [1-4]治療の容積の定義
 [1-5]標的吸収線量の明記
 [1-6]照射方法

第2章 放射線治療の物理
 [2-1]放射線治療に用いる放射線
 [2-2]放射線場および相互作用にかかわる量の定義
 [2-3]放射線と物質との相互作用
 [2-4]吸収線量
 [2-5]阻止能
 [2-6]空洞理論

第3章 放射線治療におけるデータ解析
 [3-1]基本的統計量
 [3-2]標準偏差と正規分布
 [3-3]不確かさ
 [3-4]不確かさの伝播
 [3-5]有効数字の表記と計算
 [3-6]有意差検定

第4章 高エネルギー光子線の相対線量評価
 [4-1]はじめに
 [4-2]深部線量関数
 [4-3]出力係数OPF
 [4-4]空中軸外線量比OAR0, OAR in air
 [4-5]くさび係数
 [4-6]種々の深部線量関数の関係式
 [4-7]線量モニタ単位DMU
 [4-8]平坦度と対称性

第5章 ビームデータの取得
 [5-1]ビームデータの測定の意義
 [5-2]ビームデータの種類
 [5-3]検出器の選択と配置
 [5-4]3次元水ファントムの取り扱い
 [5-5]スキャン方式と測定パラメータ
 [5-6]PDDおよびTMRTPR)の測定
 [5-7]線量プロファイル
 [5-8]大照射野の線量プロファイル
 [5-9]非スキャニングデータの測定
 [5-10]小照射野の測定

第6章 高エネルギー光子線の吸収線量評価
 [6-1]吸収線量の決定の基礎
 [6-2]水吸収線量の一次標準(国家標準)
 [6-3]実用電離箱による水吸収線量の決定
 [6-4]標準計測法12に準拠した高エネルギー光子線の吸収線量評価
 [6-5]高エネルギー光子線の水吸収線量計測の具体例:加速器の出力校正

第7章 高エネルギー電子線の吸収線量評価
 [7-1]吸収線量評価
 [7-2]深部電離量百分率曲線と深部(線)量百分率曲線
 [7-3]深部量百分率(percentage depth dose:PDD
 [7-4]電子線の吸収線量評価の具体例
 [7-5]電子線の出力校正の具体例
 [7-6]電子線における平行平板形電離箱の相互校正
 [7-7]プラスチックファントムを用いた電子線計測法
 [7-8]深部量百分率における照射野サイズの影響
 [7-9]深部吸収線量百分率測定に関する補足
 [7-10]媒質中での電子線エネルギーの変化

第8章 スプレッドシートを使用したモニタ単位数(MU値)計算の実際
 [8-1]スプレッドシートを使用したモニタ単位数(MU値)計算手法の概要
 [8-2]入れ子形式の多項式回帰法によるTMR回帰式の骨格
 [8-3]TMR回帰式作成手順
 [8-4]出力係数の回帰式作成
 [8-5]MU値計算シートの作成
 [8-6]MU値独立検証用ソフトウェアの一例

第9章 高精度放射線治療の導入と運用
 [9-1]強度変調放射線治療IMRT
 [9-2]VMAT
 [9-3]四次元放射線治療
 [9-4]画像誘導放射線治療

第10章 粒子線治療
 [10-1]粒子線治療の概要
 [10-2]陽子線治療
 [10-3]重粒子(炭素イオン)線治療
 [10-4]粒子線治療の治療計画
 [10-5]粒子線治療のQA

第11章 密封小線源治療
 [11-1]密封小線源治療の技術的総論
 [11-2]子宮頸がん
 [11-3]前立腺がん組織内照射
 [11-4]小線源治療の線量計算アルゴリズム
 [11-5]小線源治療の品質保証と品質管理

第12章 治療計画システム
 [12-1]放射線治療計画システムの歴史
 [12-2]治療計画装置の基本機能
 [12-3]品質保証,品質管理

第13章 放射線治療の品質保証と品質管理
 [13-1]放射線治療に求められる品質保証と品質管理
 [13-2]放射線治療の種々の過程における技術的品質管理項目
 [13-3]外部放射線治療の外部線量監査

第14章 放射線治療部門のネットワーク
 [14-1]情報ネットワークの基礎
 [14-2]ネットワークの接続における問題点
 [14-3]治療部門に関連する標準

第15章 放射線治療看護
 [15-1]はじめに
 [15-2]患者ケア
 [15-3]処置が施されている患者への対応
 [15-4]放射線治療部門で遭遇する患者容態変化
 [15-5]放射線治療に伴う症状の理解
 [15-6]感染の防止
 [15-7]コミュニケーションスキル
 [15-8]がん患者が抱える不安・つらさ

第16章 放射線安全管理
 [16-1]放射線管理の基本
 [16-2]放射線治療施設の設計
 [16-3]外部放射線治療
 [16-4]密封線源治療
 [16-5]記帳・記録
 [16-6]漏洩線量管理
 [16-7]線源管理
 [16-8]管理区域
 [16-9]教育訓練
 [16-10]遵法を損なわないために

索引