医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

jmed60 あなたも名医!最新 侮れない肺炎に立ち向かう!【電子版】

非専門医のための肺炎診療指南書

山本 舜悟 (編著)

京都大学医学部附属病院臨床研究教育・研修部特定助教

出版社
日本医事新報社
電子版ISBN
978-4-7849-6833-6
電子版発売日
2019/06/10
ページ数
200ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,780 (本体¥3,500+税8%)

特記事項
巻末に付録(電子版限定ページ)がございます。
印刷版ISBN
978-4-7849-6660-8
印刷版発行年月
2019/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
280 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

■好評を博した初版の刊行から早6年。昨今の肺炎診療における著しい変化に対応し、最新の知見を盛り込んだ待望の改訂版が登場です!
■日本呼吸器学会が公表した『成人肺炎診療ガイドラン2017』の内容を反映しながら、市中肺炎の診療や病原体ごとの診療上の注意点、そして高齢者の肺炎と引き際などについて解説しています。
■改訂版でも、呼吸器や感染症の非専門医が「肺炎に立ち向かう」にあたって助けになるようなテキストというコンセプトを継承。外来診療に関わる項目は書籍本体で、病院でみる肺炎(重症肺炎や院内肺炎、特殊な患者の診療など)については付属の電子版で読むことができます。

目次

第1章 市中肺炎の診断はどうする?
1 肺炎の診断をする前に押さえておきたいこと─「肺炎」と「かぜ」の見わけ方
2 市中肺炎の診断に身体診察でどこまで迫れるか?その限界は?
3 グラム染色と培養検査の活かし方─よい検体の取り方
4 「診療所」での肺炎診療─治療の実際,いつ病院への紹介が必要?
5 尿中抗原,抗体検査の使い方
6 肺炎を「見抜く」ための画像検査─X線とCTの適応と読影上の注意,見逃しやすいポイント
7 そっくり症状に惑わされず肺炎と心不全を見わける方法
8 結核が疑われたときにキノロンを避けるべきケース,使ってもよいケース
9 重症度分類の使い方とその限界を知っておこう!─A-DROP,CURB-65,CRB-65,PSI

第2章 病院での市中肺炎の治療─症例に応じたベストチョイスを!
10 重症度に応じた治療薬の選択方法─非定型肺炎をいつカバーするか?
11 経過観察の仕方と治療期間の決定─内服薬への変更のタイミングとフォローアップ
12 「よくならない場合」に何を考えるか?─自然経過,肺炎随伴性胸水,膿胸,ほかの原因など
13 非感染性肺炎を疑ったらどうする?─特発性間質性肺炎,薬剤性肺炎など

第3章 高齢者の肺炎と引き際について
14 「訪問診療」での肺炎診療─なるべく在宅でといわれたら?
15 超高齢者の肺炎─誤嚥性肺炎の診断・治療・予防と終末期における治療の引き際は?

第4章 ゼッタイ押さえておきたい!病原体ごとに異なる診療上の注意点
16 肺炎球菌性肺炎に本当に狭域ペニシリンで戦ってよいか?─ペニシリンの投与方法
17 マイコプラズマ肺炎でのマクロライド耐性はどれくらい問題なのか?―マクロライドの適応を考える
18 インフルエンザウイルスと肺炎─ウイルスそのものによる肺炎とインフルエンザ後肺炎

第5章 知っておきたい特殊な患者における診療上の注意点:外来編
19 COPD患者の咳と痰が増えたとき,どうする?─COPD急性増悪と肺炎
20 妊婦の肺炎─X線検査をしても大丈夫?

第6章 肺炎は予防も大事!
21 インフルエンザワクチン,肺炎球菌ワクチン,プラス禁煙が予防の王道!

第7章 お悩みQ&A─ほかの先生はどうしているの?こんなとき!

索引
eChapter 病院でみる肺炎