医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

≪Essence for Resident≫

気になる向精神薬【電子版】

天沢 ヒロ (著)

《シリーズ まとめてみた》ペンネーム

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-63694-0
電子版発売日
2019/05/13
ページ数
178ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,672 (本体¥3,400+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-03694-8
印刷版発行年月
2019/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
10 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

向精神薬って気になりませんか? 知りたいけどなかなか学ぶ機会がない…。そんな医療者も多いはず。そんな方にとてもオススメです! 向精神薬の基本と、理解を助けるための精神疾患のおさらいを、天沢先生が優しく分かりやすく解説してくれます。心のケアも含め、より奥深い医療を提供できるようになりませんか?

目次

第1章 本書の主旨について
 ①本書を学ぶ意義─処方はNG!?
 ②天沢ヒロにしか書けないこと─非専門医だからこその視点
 ③用語について─ややこしいようで,そうでもない

第2章 精神疾患の復習
 ①統合失調症(症状)─陽性症状よりも注目すべきこと
 ②統合失調症(治療)─主軸は薬物療法にあり
 ③うつ病(症状)─身体症状からしっかり疑えるか
 ④うつ病(治療)─3つの矢をおさえる
 ⑤双極性障害─うつ病よりも統合失調症に類似する疾患
 ⑥不安障害─生涯有病率は5%と高い

第3章 抗精神病薬
 ①抗精神病薬(総論)─思っているほど種類は多くない
 ②SDA─非定型抗精神病薬では強めのグループ
 ③MARTAとDSS─非定型抗精神病薬では中間~弱めのグループ
 ④定型抗精神病薬─非専門医はどう活かすべきか

第4章 抗うつ薬
 ①抗うつ薬(総論)─非専門医が知っておきたいことを中心に
 ②SSRI─基本的に1st choiceとなる
 ③SNRIとNaSSA─1st choiceになることもある
 ④三環系抗うつ薬・四環系抗うつ薬─参考程度に留めておく
 ⑤その他─まだまだある抗うつ作用をもつ薬剤
 ⑥非専門医に必要なこと─知ろうとしなければ一生わからない

第5章 気分安定薬&抗不安薬
 ①気分安定薬─3つの時期に分けて考える
 ②抗不安薬(総論)─非専門医も処方する機会がある
 ③抗不安薬(各論)─お気に入りを最低3つはみつけよう!

第6章 睡眠薬
 ①睡眠障害─日本人の5人に1人が悩んでいる
 ②睡眠薬(総論)─患者さんに快適な睡眠を!
 ③睡眠薬(各論)─もう迷わない!
 ④せん妄─避けては通れない
 ⑤最後に天沢ヒロからのメッセージ─学び終えたあとにあらためて伝えたいこと

付録
 向精神薬一覧

索引

column
 早期発見はできるのか
 なるほどなぁ! と思った瞬間
 なぜ,うつ病は「甘え」といわれるのか
 2次性のうつ病
 断眠療法(覚醒療法)
 さまざまなうつ病
 双極性障害の抑うつの特徴
 不安障害を復習しよう!
 抗精神病薬と併用する薬
 クロザリル(クロザピン)
 知らないことは罪にもなる
 薬を使わない状況
 選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害薬
 トラマールについて
 ケタミンがうつ病を救う!?
 抗Parkinson病薬はうつ病に使えるのか
 予想をする真の意義
 セルシン/ホリゾン(ジアゼパム)
 ナルコレプシー
 医師は睡眠とどう向き合うか
 睡眠に用いる漢方薬
 市販の睡眠薬

天沢先生のミニテスト
 ミニテスト①
 ミニテスト②
 ミニテスト③
 ミニテスト④
 ミニテスト⑤