医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

エビデンスを活かす 漢方でできるがんサポーティブケア【電子版】

元雄 良治 (著)

金沢医科大学腫瘍内科学 主任教授

出版社
南山堂
電子版ISBN
978-4-525-98305-5
電子版発売日
2019/06/24
ページ数
189ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,024 (本体¥2,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-525-50151-8
印刷版発行年月
2019/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
102 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

近年,がんサポーティブケアにおいて漢方がその存在感を増しつつある.そこで,がん治療に携わる多職種が,漢方をサポーティブケアの選択肢のひとつに加えられるよう,漢方の基礎知識や主要な漢方製剤の特徴,さまざまな症状にどのように漢方を用いて対応すればよいか,エビデンスと豊富な症例を交えながら解説.

目次

第1章 がんサポーティブケアと漢方
 1.がんサポーティブケアの基礎知識
  1.がんサポーティブケアとは
  2.がんサポーティブケアがなぜ必要か
  3.がんサポーティブケアで重要なこと
  4.がんサポーティブケアにおける多職種連携
  5.日本がんサポーティブケア学会
 2.漢方の基礎知識
  1.漢方医学とは
  2.漢方医学における人体の考え方
  3.漢方医学における診察・診断
  4.薬剤としての漢方製剤
  5.漢方と現代医学の融合
  6.漢方のエビデンス
 3.がんサポーティブケアにおける漢方
  1.がん治療になぜ漢方を用いるか
  2.がんサポーティブケアに漢方を用いるメリット
  3.チーム医療と漢方
  4.漢方がんサポーティブケアと産学官の連携

第2 章 がんサポーティブケアで用いられる漢方製剤
 加味帰脾湯
 桂枝加朮附湯
 牛車腎気丸
 五苓散
 芍薬甘草湯
 十全大補湯
 潤腸湯
 大建中湯
 人参養栄湯
 麦門冬湯
 半夏厚朴湯
 半夏瀉心湯
 補中益気湯
 麻子仁丸
 抑肝散
 六君子湯

第3章 症例からみる 症状別がんサポーティブケア
 1.全身倦怠感,疲労感,術後の体力低下
  1.全身倦怠感
  2.疲労感
  3.術後の体力低下
 2.血球減少
  1.赤血球減少(貧血)
  2.白血球減少(好中球減少)
  3.血小板減少(出血傾向)
 3.悪心・嘔吐,食欲不振
  1.悪心・嘔吐
  2.食欲不振
 4.便通異常,イレウス(腸閉塞)
  1.下 痢
  2.便 秘
  3.イレウス(腸閉塞)
 5.粘膜炎(口内炎)
 6.末梢神経障害,帯状疱疹後神経痛,こむら返り
  1.末梢神経障害
  2.帯状疱疹後神経痛
  3.こむら返り
 7.皮膚・爪障害
 8.浮 腫
 9.咳 嗽
 10.がん性疼痛
 11.不眠,うつ症状
 12.がん悪液質

付録 症状と漢方方剤の対応一覧

索 引

コラム
 複数方剤の併用
 味覚障害に対する漢方
 間質性肺炎と抗悪性腫瘍薬・漢方製剤