医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

抗菌薬ドリル【電子版】

感染症診療に強くなる問題集

羽田野 義郎 (編)

出版社
羊土社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/03/11
ページ数
182ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,960 (本体¥3,600+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7581-1844-6
印刷版発行年月
2019/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
28 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

感染症の診断や抗菌薬の選び方・やめ方,アレルギー,感染対策など,感染症診療の基盤になる考え方が問題を解きながら楽しく身につく!やる気をなくすほど難しくはなく,笑い飛ばせるほど簡単じゃない,珠玉の73問に挑戦しよう!

目次

1.これだけは覚える! 感染症診療に必要な微生物の知識
2.【抗菌薬の基礎知識①】ペニシリン系・セフェム系
3.【抗菌薬の基礎知識②】カルバペネム系・抗MRSA薬
4.【抗菌薬の基礎知識③】その他の重要な抗菌薬(内服抗菌薬を中心に)
5.【抗菌薬の基礎知識④】その他の重要な抗菌薬(嫌気性菌,抗真菌薬)
6.ペニシリンアレルギー
7.抗菌薬の要否の判断 薬剤耐性(AMR)を防ぐのは僕たちレジデントだっ!
8.【診断のためのアプローチ①】市中の発熱へのアプローチ:感染症と身体所見
9.【診断のためのアプローチ②】POCT,血液培養,CRPとプロカルシトニン
10.empiric therapyの考え方
11.効果判定・経過観察のしかた
12.培養結果が判明した後の抗菌薬選択,内服薬へ切り替えのタイミング
13.抗菌薬のやめどき・治療がうまくいかないときのアプローチ
14.菌血症のマネジメント
15.研修医に知っておいてほしい感染対策

コラム
名称が変わった細菌
βラクタム系アレルギーのtips
MICの注意点・MICを考慮すべき状況は?